【Youtubeチャンネル運営】ばりよかチャンネルの誕生から、現在までの振り返り

こんにちは、ばりよかホームページのWebディレクターの茂木です。ばりよかホームページでは2021年1月よりビジネスやプライベートで役立つ情報を発信する「ばりよかチャンネル」を運営しております。

この記事では「ばりよかチャンネル」の立ち上げから現在の運営に至るまでを振り返りつつ、これからYoutubeチャンネルを運営しようと思われている方の参考となるような記事となれば幸いです。Youtubeチャンネル開設・運営において悩まれている皆様、ぜひご覧ください!

ばりよかチャンネル立ち上げの経緯

そもそもチャンネルの立ち上げに至った経緯についてですが、ばりよかホームページを利用いただいている既存顧客に向けた施策として、何かできないかという社内での声から始まりました。

ラシンでは、サブスクリプション型のホームページ制作サービス(ばりよかホームページ)を運営しているため、ホームページを制作して終わりではなく、制作した後も、継続的にお客様と関わり、お客様の満足度を高めていく必要がありました。

そこで施策として出てきたのが「ばりよかタイムズ」と「ばりよかチャンネル」の立ち上げです。まず「ばりよかタイムズ」についてですが、いわゆる情報誌です。ビジネスやプライベートで役立つようなデジタルツールの活用方法を中心としたテーマで情報誌を制作し、毎月1回、ばりよかホームページをご利用いただいているお客様に郵送とメルマガ、LINEでデジタルツール情報をお届けしようという施策です。

そしてこのデジタルツールに関する情報を、ばりよかタイムズという紙媒体だけではなく、動画コンテンツとしても発信することにより、紙面だけではお伝えし切れない内容を届けようと考え、Youtubeチャンネルでの発信も行うこととなりました。

以下は、ばりよかタイムズの紙面です。

なぜデジタルツールの情報発信?

Youtubeチャンネルの運用のお話の前に、なぜデジタルツールの情報発信に決まったのかについても簡単に説明します。

弊社のお客様は50,60代以上の経営者が経営をしている中小企業や、個人事業主、店舗オーナーがほとんどです。

お客様の特徴としてデジタルツールに対する苦手意識を持たれている方や、デジタルツールの導入を試みてはいるけど、実際に使ってみると中々上手く使いこなせない方など、日々アップデートされるデジタルツールに苦戦をされていらっしゃいました。

そんな方々の役に立つようなコンテンツを届けたいという思いで、デジタルツールをテーマとした発信を行うこととなりました。

立ち上げ期に苦労したこと

Youtubeチャンネルを開設し、いざ始めようと思った際に苦労したことですが、大きく2つありました。

①編集時間の確保
②テーマの企画と内容理解

編集時間の確保

まず編集時間の確保についてですが、当初ばりよかチャンネルを担当するメンバーは2名でした。私を含めた2名でテーマ企画から台本作成、撮影、出演、編集、動画の公開を、通常のホームページ制作の業務とは別軸で行っていたため、時間の確保やクオリティの維持に苦労していました。特に何よりも時間を要するのが動画編集だったため、ここの部分を何とかしたいと考え、動画制作パートナーを探しました。動画編集ができる方は今の時代たくさんいますが、クオリティを担保しつつ、且つコミュニケーションもスムーズにできる方と出会うまでは何人かのパートナーさんが入れ替わりで制作をしているような状況でした。

現在では信頼できるパートナーさんと出会うことができ、編集の部分は完全にお任せしております。ちなみに現在では、出演者3名、撮影担当1名、編集担当1名の計5名体制となっています。それぞれが自分の役割に専念できるようになったため、クオリティを維持しつつ、立ち上げから2年間継続的に情報を発信することができるようになっております。

テーマの企画と内容理解

2つ目に苦労したことは、テーマの企画から、そのテーマを理解し自分の言葉でYoutube上で発信をするということです。

ただ闇雲にデジタルツールの情報発信をしてもお客様にとって意味がありませんので、現在ばりよかホームページをご利用いただいているお客様の業界や事業内容を意識し、お客様のお困りごとを実際にイメージしながら、本当に役立つ情報発信にこだわりテーマを企画しました。

最初はテーマの企画に苦労しましたが、「あ、これはこの前のお客様が語っていたお悩み事を解決できるツールだな」といった感じで日常的にデジタルツールに対してアンテナを張り、お客様との会話の中でもヒントがないか常に意識を巡らせながらコミュニケーションを取るようになったことで、次第にテーマの企画がスムーズにできるようになりました。

またもう一つ難しかったことが、テーマの内容を理解し、そのテーマについて自分の言葉でカメラの前で話すということです。実際のテーマの例で説明しますと、「Zoomの使い方」や「インスタグラムの開設方法」などは普段から自分自身で使っていることから、テーマ内容を理解し話すことはそこまで難しくありません。

一方、「メタバースとは?」や「モバイル決済サービスについて」「無料でECサイトを立ち上げられるサービスについて」などのテーマは、一から自分で調べてサービスの内容や、概念などを理解する必要がありましたので、いざカメラの前で話すと難しく、中々撮影が進まないといったことが多々ありました。この問題に関しては、実際にサービスを利用してみることや、他のYoutuberさんの動画で同じ内容を解説している方の動画を見て勉強するなどといった地道な準備を徹底することでしか改善がされませんでしたので、今も尚、事前準備を大切に取り組むようにしています。

実際のテーマ例のご紹介

・インスタはハッシュタグで攻略!l ハッシュタグの基本から解説します

・検索にもトレンドがある!最適な情報をするための検索術

・モバイル決済 l 徹底比較!モバイル決済3サービスをご紹介!

・LINE公式アカウント l 集客に必須!LINE公式アカウントについて

・ビジネスチャットについて l 導入するメリットなどを解説

今後のばりよかチャンネルについて

今後のばりよかチャンネルについてですが、現在直面している課題としては、いかに多くの視聴者に見ていただけるか。再生数やチャンネル登録者数のYoutubeチャンネルを運営していく中で1番の成果の指標となる部分の強化です。

これまでのばりよかチャンネルは、あくまでも現在ばりよかホームページをご利用いただいているお客様に向けたコンテンツの発信を意識して取り組んできたため、再生数やチャンネル登録者数を増やすということに重点を置いていませんでした。

現在既存顧客向けコンテンツとして「ばりよかタイムズ」と「ばりよかチャンネル」を発行、運営していますが、今後の方針として「ばりよかタイムズ」→既存顧客様向けの情報を引き続き発信。「ばりよかチャンネル」→ばりよかホームページ制作サービスの新規リード獲得の手段としての活用。にシフトしていこうと考えております。

これまではデジタルツールの情報発信といっても、かなり幅広いテーマでの発信となっていたため、動画内容によって視聴ユーザーが変わってしまったりと、再生数やエンゲージメントを高めるYoutubeのアルゴリズムに則したチャンネル運営はできていませんでした。

※YouTubeのアルゴリズムは、2022年現在は動画単体ではなく、チャンネル単位で動画を表示させるクラスターを選定している可能性が高いと言われております

今後はチャンネルのターゲットを絞り、一貫性のあるテーマを主とした発信をしていくことにより、ターゲットとなり得るユーザーに動画を届け、エンゲージメントを高められるように工夫していきたいと考えております。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

「ばりよかチャンネル」は立ち上げから2年ほどが経ち、まだまだチャンネルとしては未熟で発展段階となります。今後も試行錯誤をしながらより良いYoutubeチャンネルに育てていけるように継続的且つ、より戦略的に運営をしていきたいと考えております。

今回の記事はYoutubeチャンネルの成功事例ではありませんが、実情をリアルに伝えることを目的として書かせていただきました。ぜひご興味を持っていただけましたら一度チャンネル内の動画を見ていただき、Goodボタンとチャンネル登録をしていただけましたら大変嬉しく思います。今後もばりよかチャンネルをよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UC3UvN1aglIdu_Pqqu4wOKTg

ばりよかホームページとは

「BARIYOKA-ばりよか-」は、制作費無料、月額9,800円(税込10,780円)とリーズナブルな価格でサブスク型HP制作を提供しているホームページ制作会社です。

ホームページの作成にご興味がありましたら、無料相談を行っておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP