Web広告の市場は?今後の動向についてもご紹介!

Web広告は近年テレビの広告市場を抜き、最も勢いがある市場とも言われています。インターネットやスマホなどは毎年進化しており、IT業界もどんどん拡大していることから、今後もWeb広告の市場は高まっていくでしょう。今回はWeb広告の市場を中心に、今後の動向も踏まえてご紹介していきます。

Web広告の市場

株式会社矢野経済研究所の調査によると、インターネット広告市場は2018年に1.6兆円から、2021年には約2.4兆円を予測されており、さらに2024年には3.2兆円まで市場が拡大されるといわれています。

インターネットはスマホなどの通信環境の発展だけではなく、デバイスの拡張やAIなどの普及により、今後もさらに拡大する見通しです。

Web広告の市場はLINE、Twitter、インスタなどのSNSやYouTube、ティックトックなどの動画広告媒体が増えていることも影響されています。

今まではテレビCMや街頭広告なども普及していましたが、現在最も市場価値が高いのはWeb広告ともされています。

Web広告の種類

Web広告と言っても、様々な種類があり、ターゲットも異なります。いくらWeb広告の市場が高いからと行って、Web広告の種類選びを間違ってしまうと効果が得られないこともあるため、注意が必要です。

ここからは、Web広告の種類についてご紹介していきます。

リスティング広告

リスティング広告はGoogleやYahoo!などの検索エンジンからユーザーが検索したキーワードに応じて検索画面の上部や下部に表示されるテキスト上の広告を指します。

基本的にユーザーが検索するキーワードに応じて上位表示させるためには、SEO対策をしてユーザーにとって有益な情報を記載する必要があり、上位10位以内に表示させることは難しいですが、リスティング広告を使えば、SEO対策の知識が無くても表示させることが可能です。

リスティング広告にかかる費用は基本的にオークションで決まるため、広告を出稿したいライバルが多ければ多いほど価格競争が高まり、その分費用が膨らんでしまいますが、最低1,000円から広告を出稿することができます。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は広告主やASPによって成り立っている広告手法を指し、Webサイト上でアフィリエイト広告を掲載することによって、その広告をクリックした回数、またはクリックして商品やサービスを購入したユーザーの数によっても費用が異なるのが特徴です。

アフィリエイト広告は認知度を高めたい企業や商品・サービスによって売上を上げたい企業などにおすすめの広告です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は画像や動画にてWebサイトの広告枠に掲載する広告を指します。

リスティング広告はテキストのみの広告となりますが、ディスプレイ広告は画像や動画などでユーザーにアピールすることができるため、視覚からでもユーザーに商品やサービスをアピールすることができます。

ディスプレイ広告は見ただけでどんな商品やサービスかがすぐに分かるため、ユーザーの目に留まるようなビジュアルにすることで、訴求に繋がります。

また、ディスプレイ広告は年齢・性別・住んでいる地域によってもターゲティングが可能で、自社の認知度を上げるためには有効は手法になります。

リターゲティング広告

リターゲティング広告は一度自社のホームページやECサイトなどに訪れたことがある人に対して広告を表示させることができます。

リターゲティング広告ではディスプレイ広告や動画広告などと様々な方法でユーザーに広告を出稿することができ、一度自社に興味を持ったユーザーにもう一度興味を持ってもらうために広告を配信できるため、より購買意欲を誘うことができます。

SNS広告

SNS広告はLINE、Twitter、インスタ、Facebookなどの様々なSNSに広告を掲載する方法です。

LINE、Twitter、インスタ、FacebookなどのSNSの利用者は多く、SNSを見て実際に購入に至るユーザーが増えていることから、近年最も勢いのある広告手法と言えるでしょう。

特にTwitterなどのSNS広告を利用することで、リツイートでユーザーが自動的に拡散してくれるため、より多くのユーザーに広告を見てもらう機会が増えます。

SNS広告はこれから事業拡大を目指している人や、新しい新規顧客を増やしたい人などにおすすめの広告手法です。

動画広告

動画広告は色々な種類がありますが、近年人気が高い動画広告はYouTube広告です。

YouTubeで動画を見たことがある人はわかると思いますが、YouTubeで動画を視聴していると、定期的に5秒~30秒程度の広告が流れます。

テキストや画像などでアピールできない企業などは動画を使うことでより正確な情報をユーザーに伝えることができ、上手く活用することで、より集客に繋げることができます。

また、動画を見ている途中に流れた広告に少しでも興味があれば、広告をクリックするだけで自社のホームページなどにアクセスすることができるため、そのまま商品やサービスを購入するユーザーも多いです。

さらに、YouTubeでは見ている動画、年齢・性別によっても流れる広告が異なり、より自社のターゲットに合った広告表示が可能です。

Web広告市場が高まっている今、ホームページに力を入れましょう!

Web広告の市場が高まっていることがこちらの記事で分かったと思いますが、Web広告市場が高まっているからこそ、自社ホームページやサイトに力を入れることが重要です。

どんな広告を使っても同じことが言えますが、広告を見たユーザーが実際に自社のホームページやサイトに訪れる時、サイトが見づらかったり、商品やサービスを購入することができるページまで到達できない場合はせっかく広告を出稿しても会社の売上げに繋がることは難しいでしょう。

そのため、WEB広告を導入する場合は、ユーザーが自社のホームページに訪れる事を考えて新しいホームページの作成や更新作業を行うようにしましょう。

ホームページの作成・更新ならBARIYOKA

当サイトを運営している「BARIYOKA」はサブスク型のホームページ作成・更新サービスを提供しています。BARIYOKAでは保守管理費用の5,280円(税込)/月のみでホームページの作成から更新までをお任せいただけます。初期費用をかけずにハイクオリティーなホームページを持てるとお喜びの声をいただいております。

ホームページの新規制作、リニューアルを検討されている方の中には個人事業主、経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ホームページの作成、集客などを全て丸投げすることで、やらなければいけない業務に集中して取り組むことが可能です。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP