音声広告とはなに?音声広告の仕組みや基本情報を紹介!

音声広告とは、ラジオなどの音声メディアに出稿する広告を指します。

現在ではインターネットを通した広告などの需要が伸びている中、音声広告市場も今後伸びていくことが予想されています。

今回はそんな音声広告の基本情報を中心にご紹介していきます。

音声広告とは

音声広告とは、オーディオ広告とも呼ばれ、主にラジオやSpotifyなどの音楽配信サービスを利用しているユーザーに向けた広告を指します。

音声広告ではインターネット広告のように広告を配信するターゲットを絞ることもでき、ラジオなどであれば、広告をスキップすることができないため、ほぼ確実にユーザーに届けることができます。

また、音声は人の印象や記憶に残ることができ、よりマーケティングや集客に強い広告となります。

音声広告を導入するメリット

ここからは、音声広告を導入するメリットについてご紹介していきます。

音声広告を導入するメリットは以下になります。

  • ながら聴きができる
  • 年齢層が高いユーザーにアプローチできる
  • コストが低い

それでは、一つずつご紹介していきます。

ながら聴きができる

音声広告は実際にユーザーがながら聴きしていることが多いです。

テキストなどの広告は実際にユーザーが目でみて確認する必要がありますが、音声広告は嫌でも内容に触れる機会が多いため、通勤や家事をしながら音声で聞いてもらえるというメリットがあります。

ながら聴きでは意味がないのでは?と思う人も多いと思いますが、実際に人間はながら聴きでも記憶に残りやすい傾向にあり、ふとしたときに「あれ?そういえばラジオで〇〇の話してたな?」と思い出して実際にその商品やサービスを購入する人も多いです。

年齢層が高いユーザーにアプローチできる

インターネットなどの利用者は若者を中心に普及していますが、60歳以上の人はインターネットよりもテレビやラジオが身近で、車の中でラジオを聴いている人も多いです。

そのため、高齢者向けの商品やサービスなどを宣伝するには持ってこいの広告とも言えるでしょう。

親しみを感じられる

繰り返し音声広告を聴くことで、その商品やサービスを提供している企業に興味や親しみを感じたりします。

また、熱量が高いパーソナリティが商品やサービスを紹介することで、だんだんその商品やサービスのことを好きになるという効果を得ることもできます。

コストが低い

音声広告は他の広告費に比べてもコストが安いです。

音声広告は資料や撮影をする手間もかからず、ユーザーに直接アプローチできるため、広告にかかるコストを抑えることができます。

音声広告の市場規模

音声広告は人気がないのでは?と思う人も多いと思いますが、米IAB社の発表によると2016円の音声広告の広告収入は11億でしたが、2020年には30億まで市場が成長しています。

また、2021年、2022年以降も音声広告市場は成長していくと考えられており、音声広告でも十分に集客に繋げることができると言えるでしょう。

他の広告も導入を検討しよう

音声広告でも十分に集客が見込め、費用対効果も高い傾向にありますが、音声広告の場合は特に若者に広めることができなくなってしまうこともあるため、音声広告と併用して他の広告も導入する事を検討してみましょう。

音声広告以外にもインターネット広告やSNS広告などもあり、様々な広告を用いることで、より宣伝することができます。

しかし、広告費が高くなりすぎて、売上が付いてこない場合は意味がありませんので、事前に広告費にかけられる予算を検討したうえで決めることが重要です。

また、企業のターゲット層などもあらかじめ把握しておくことで、より効率良く広告効果を得ることができると言えるでしょう。

音声広告の活用例

ここからは、音声広告の活用例をいくつかご紹介していきます。

radiko

radikoはスマホやパソコンから手軽にラジオを聴くことができるサービスです。

radikoは芸能人が配信するラジオを実際に聴くことができ、ユーザーが聴いて切るラジオや基本情報から適切な広告を宣伝することができます。

基本的にradikoで広告を活用する場合は、ラジオを配信している放送局から広告枠を取得してラジオ内のコンテンツの間に広告を音声として挿入することができます。

Spotify

Spotifyは若者も多く利用している音楽配信サービスです。

Spotifyはラジオではなく、実際にアーティストの曲などを聴くことができるため、多くのユーザーが利用しています。

曲と曲間に広告を挿入することができ、最大30秒の配信が可能です。

Spotifyアプリでは利用者の年齢・性別・音楽ジャンル・プレイリストの内容などに応じてターゲティングをすることができるためより自社のターゲットにあったユーザーに広告を届けることもできます。

音楽の聴きながらユーザも不快感なく広告を聴くことができるため、より購買意欲を誘うこうが可能です。

ポッドキャストオーディオアド

ポッドキャストオーディオアドはradiko同様にスマホやパソコンでラジオが聴けるサービスです。

ポッドキャストオーディオアドではラジオをダウンロードした数や金額に応じてターゲティングが可能となり、自社の予算に応じて広告を配信する量や出稿する広告を選べることも特徴の一つです。

ユーザ属性の検討

radikoやSpotifyやポッドキャストオーディオアドでは利用者の属性が異なります。

radikoは40代~50代の利用者が多く、特に男性が多いのが特徴です。

Spotifyは35歳未満の比率が高く、女性の利用者が多いです。

ポッドキャストオーディオアドは男女ともに20代~40の利用者が多く、男女比もそこまで変わりません。

このように、広告を出稿するサービスによってもユーザー属性が異なりますので、自社のニーズやターゲット層に合わせて出向先の広告を選ぶことが重要です。

集客する際はホームページやECサイトの見直しを検討しよう

音声広告を利用する際、ただ音声広告だけを導入してもそこまで意味が出ないことも多いです。

音声広告を配信して、その広告が気になり、実際に企業のホームページや商品・サービスの購入サイトがなければユーザーはどこから購入すれば良いかわからないため、購買促進に繋げることはできません。

また、後から思い出して検索する人も多く、音声広告で電話番号を伝えたとしても、その時は興味がないため覚えていない人も多いです。

そのため、企業のホームページや商品・サービスを購入できるサイトなどをしっかり作成・更新しておくことで、利用者の購入意欲を促進することができます。

ホームページ作成・更新ならBARIYOKAがおすすめ

BARIYOKAは個人事業主や店舗経営者などの中小企業向けのホームページ作成・更新サービスです。

現在ホームページがない人でも、更新作業がめんどうな人でもBARIYOKAにほぼ全ての作業を依頼することができるため、手間が省けます。

また、基本的にホームページ作成にかかる費用は数万円~数十万円程度かかることが多いですが、BARIYOKAなら制作費0円、保守管理費用月額10,780円で利用できるため、そこまで予算がない人にもおすすめのサービスです。

また、現在BARIYOKAでは初期費用月額3か月分0円のキャンペーンも開催中ですので、キャンペーン期間中にご利用されることをおすすめします。

BARIYOKA公式サイト

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP