個人事業主だからこそ効果がある!ホームページのポイント

個人事業主として、情報を展開していく上ではホームページの重要性を感じている人も多いでしょう。しかし、ホームページを作るとなれば、多かれ少なかれ出費も伴う方法なのは間違いありません。負担の大きさからもホームページを持つことをためらう個人事業主も多いのは事実です。

現実問題としてとらえると、個人事業主だからこそ、ホームページは役立ってくれます。その事実やポイントを理解できれば、どこまでの投資できるものなのかも見えてくるでしょう。

個人事業主がホームページを持つメリット

(出典:photo AC)

なぜ個人事業主がホームページを持つべきなのか。不思議に感じることも多いでしょう。そんなに大きく展開していないから必要ないと思うかもしれません。これは見方が間違っています。個人事業主のように小規模だからこそ、ホームページが生きてくるからです。

伝えたい情報をはっきりと伝えられる

SNSを利用している個人事業主も多いでしょう。誰でも手軽に利用できるからです。しかし、効果的なのかといえば、SNSだけでは思っている以上に実感がないはずです。

Facebookを使う個人事業主はとても多くなりました。ところが、Facebookで必要な情報を伝えられるかといえばそうではないのです。Facebookのような形式は、発信するたびにどんどんと古い投稿が流れます。これを検索してまで見る人は、そうそういないのが現状です。

ホームページは伝えたいことを前面に出すことで情報をブレさせません。さらにページを独立させて表示できるので、SNSのように流れないのです。

情報を分かりやすく、的確に伝えられるのがホームページの強みであることがわかります。

信頼性の向上

現在企業がホームページを持つ理由になっているのが信頼性です。個人事業主として活動していることを前面に出せます。個人事業主は、本当に経営しているのか、信用力の問題もあるのは事実です。活動内容がわからない、実態が法人よりも見えにくいからこそ、ホームページで信頼性を向上できます。

サービスの補完

個人事業主としてさまざまなサービスをリリースしているはずですが、ホームページはその補完ができます。

普段、お客様と会えば色々と伝えることもできるでしょう。ですが、いつでもそんなチャンスがあるわけではありません。個人事業主として限られたマンパワーの中で、ホームページは24時間働いてくれます。サービスの情報補完もしてくれるため、成約率の向上にも寄与してくれるのです。

自動的な集客

個人事業主だと、営業するのにも自分の力を使わなければいけません。しかし、営業に集中すれば、他の仕事にも影響が生まれます。

ホームページは興味を持ってもらえる情報を提示することで、自動的に集客できるため自分の手がかかりません。そのためには検索上位にあがることが大切ですが、専門性の高い情報を提供していけば確実にあがります。

クーポンなどの発行も同様で、自分で配って歩かなくても、集客に強い力を発揮してくれます。自分で動くことで発生する経費もありません。

問い合わせやEC機能

ホームページがあることで、自動で問い合わせを受けてくれます。もちろん、集客しなければいけませんが、EC機能と同時に活動してくれるのは大きなメリットです。

顧客の行動時間に合わせて機能し24時間働いてくれるのがホームページです。更新を続けるだけで休まず働いてくれることを考えれば、個人事業主の大きな力になるのは間違いありません。

コストが格安

ここまでの機能を考えてみると分かりますが、どれだけの費用負担を軽減できているかです。ホームページを作るのにはお金がかかりますが、人件費と比較してみてどうでしょうか。そこまで大きな金額がかかっていないことがわかるはずです。それも365日24時間年中無休で働いてくれることを考えれば、人を雇うよりもはるかに安価な存在なのです。

個人事業主のホームページの作り方

(出典:photo AC)

個人事業主のホームページの作り方には、いくつかの方法があります。お金を掛ける方法もありますし、メンテナンスが楽な方法もあるので自分に合った方法を選択するのが大切です。

ホームページ制作会社での買い切り

一般的な方法として、ホームページ制作会社に発注し買い切りしてしまう方法があります。納品してもらえば自分のものなので、そのあとのメンテナンスなどの手間はかかりますが、自由が利くところにメリットがあるでしょう。

費用としては最も高額な方法です。その代わりハイクオリティなホームページが出来上がります。メンテナンスに知識が必要になるため、そのまま依頼できますが、費用負担がさらに大きくなるのが問題です。

ホームページ制作会社の月額型

ホームページ制作会社のプランとして月額型も増えてきました。サブスクリプション型とも呼ばれます。定額で利用できるところがメリットで、契約の範囲内なら追加料金は取られません。金額もいろいろと出てきており、月額10,000円程度のサービスが人気です。

買い切り型と違うのは、契約が終わるとデータは残りません。画像なども消滅するところが大きな違いですが、個人事業主には扱いやすい方法です。

個人制作

自分で作るのが最もコストがかかりません。ポイントは作り上げて維持管理できる知識があるかどうかです。誰でも簡単に作れるサービスも出てきましたが、それでも最低限の知識は求められます。全くのゼロの状態で作っても、維持はできないからです。専門用語の壁も出てきます。

作るだけなら問題はなくても、運用は全く別問題です。集客に活用したいと考えていても、全く役に立たないページになる可能性もあります。

デザインの知識も必要です。色の配列ひとつとっても、注目を集めるのは簡単ではありません。商品やサービスなどによって、向いている色などもあります。逆に印象が悪くなるようなデザインもあるため、簡単なようで最も効果が上がりにくい方法といえるでしょう。

ホームページ制作会社買い切り型ハイクオリティ高コスト資産として残る
ホームページ制作会社月額型ハイクォリティ低コスト解約すると残らない
個人制作クオリティは知識次第最もコストがかからない資産は残るが知識がないと何もできない活用できるものになるとは限らない

個人事業主がホームページを作るポイント

(出典:photo AC)

いろいろな方法がありますが、効果的な方法は何かを考えるのが、個人事業主にとって資金的にも重要なポイントです。投資は抑え効果をあげることを目指すべきです。

要求クオリティを満たす

一体どんなホームページが必要か、要件を整理しなければいけません。制作会社などを使う場合でも、要件定義が甘いと将来的に問題を残します。しっかりとした要件定義を決めて作らないと、あとから費用が掛かることも珍しくありません。

ドメインは独自のもので

ドメインはホームページの看板です。その看板が適当なものではうまくいくはずがありません。個人事業主だからこそ、しっかり主張できる独自ドメインの取得が大切です。自分で購入しておけば、あとから移管などの問題も少なくなります。

更新やメンテナンスには時間をかける

更新やメンテナンスはホームページを生かすポイントです。個人事業主だからこそ、更新やメンテナンスはこまめに続けていくことが求められます。小回りが利く立場だからこそ、手を掛けてあげることが大切です。

イニシャルコストもランニングコストも抑える

お金をかけるのは簡単ですが、それだけのものを取り返せるかが問題でしょう。これこそが個人事業主が二の足を踏むポイントです。

イニシャルコストを押さえるためには月額型のサブスクリプションが有効です。自分で作ると、ソフトなどでもかなりの投資をしなければいけません。知識があれば対応できますが、ないとメンテナンスもできないでしょう。月額型のサブスクリプションなら、メンテナンスも含めて依頼できます。ランニングコストにしても、自分で何かするよりも押さえられる可能性が高いので、自分の要件定義と比較して考えてみるのが大切です。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP