ホームページ制作においてサイトマットを見やすく作る方法

自社のホームページ制作をする場合、サイトマップを作成することで、全てのページを見なくても全体を俯瞰することができるため、ユーザーにとっても分かりやすいデザインにすることができます。

今回はホームページ制作におけるサイトマップの作成方法について詳しくご紹介していきます。

サイトマップとは

サイトマップとは、簡単に説明するとホームページやサイト全体の各ページを一覧にして表示しているページを指します。

例えば、サイトのトップページ画面から「会社概要」「サービスの特徴」「プライバシーポリシー」などのページにユーザーがアクセスしやすくしたり、検索エンジンからサイト内のページの画面を表示することもできます。

サイトマップの種類

サイトマップには大きく分けて「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2つの種類があります。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは実際に自社のホームページやサイトに訪れたユーザーが「このサイトにはどんな情報の記載があるのか」を各ポイントごとに設置し、HTML形式でリンクされた状態を指します。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップはGoogleやYahoo!などの検索エンジンからユーザーが検索をかけた時にクロールを高めることに期待ができます。

基本的にHTMLサイトマップと仕様は同じですが、よりSEOに強いのはXMLサイトマップになります。

ホームページ制作におけるサイトマップの作り方

ここからは、ホームページ制作におけるサイトマップの作り方をご紹介していきます。

サイトマップは基本的に以下のような手順で作成していきます。

  • 必要となるページを洗い出す
  • グループ分けをする
  • 全体を確認

では、それぞれご紹介していきます。

必要となるページを洗い出す

サイトマップを作成する際は、必要となるページを洗い出すことが重要です。

必要となるページは企業や職種によっても異なり、商品購入ページや来店予約ページ、お問い合わせ先など、必要となるページを洗い出しましょう。

サイトマップでよくあるページは以下になります。

  • トップページ
  • 会社概要
  • 社長メッセージ
  • 採用情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • サービス案内
  • プライバシーポリシー

また、サービスによっては作成しなければいけないページもあるため、注意が必要です。

初めて自社のホームページを作成する場合は、競合他社のホームページなどを参考にすると良いでしょう。

グループ分けをする

サイトマップで必要になるページを洗い出しましたら、続いて洗い出したページをグループ分けします。

グループ分けすることで、ユーザーによってもわかりやすく、より効果的なホームページを作成することができます。

例えば、サービスの特徴のページを作成する場合はサービス①サービス②に分けたり、会社概要の中に社長メッセージや採用情報などをグループにしたりします。

全体を確認

グループ分けが完了しましたら、ユーザーにとって見やすいサイトマップになっているかどうかを確認し、完了です。

グループ分けしたサイトマップはそのままホームページに落とし込めば良いだけですが、初めてホームページを作成する人などは初心者でも簡単に作れるWordpressを利用して作成することをおすすめします。

ホームページ作成におけるサイトマップを作成するメリット

ここからは、サイトマップを作成するメリットについてご紹介していきます。

サイトマップを作成するメリットは以下になります。

  • サイト全体の構造も把握できる
  • 情報を共有しやすい

それでは、それぞれご紹介していきます。

ホームページ制作においてサイトマットを見やすく作る方法

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP