SEOに強い記事の書き方や上位表示に期待ができる書き方のコツを紹介

自社のサイトやブログなどの作成をする際、上位表示させるためにはSEOを意識したライティングが重要になります。

同じサイトやブログでも、SEO対策を意識している記事と全く意識していない記事では、記事のアクセス数などに違いがでてくるため、その分売上にも大きく関わってきます。

自社の記事や自社が提供する商品やサービスを宣伝する記事を作成する際はSEO対策をする必要があります。

今回は、SEOに強い記事の書き方や作成した記事を上位表示させるためのコツなどを紹介していきます。

SEOライティングとは

現在Webライターとして活躍している人であればSEOという言葉には耳馴染みがあると思いますので、そうではない人はSEOを意識しろと言われても、なんのこっちゃ?と思う人も多いでしょう。

結論から言うと、SEOライティングとはGoogleやYahoo!などの検索エンジン最適化を意識した書き方を指します。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンから特定のキーワードを入力すると、ユーザーの検索意図やニーズを把握しながら記事を書くことで、ユーザーにとって需要のある記事を作成することができます。

SEO記事の質を上げるための事前ルール

SEO記事の書き方を身に付ける場合はまずはユーザーにとって分かりやすくて読みやすい記事を作成することが大切です。

記事を作成する前にキーワードとターゲットを決める

SEO記事を作成するためにはまずキーワードとターゲットを決めることが重要です。

キーワードとターゲットが曖昧な記事では、上位表示の可能性が低くなるため、まずは作成する記事はどの年齢層がターゲットなのか、その年齢層が興味を持ちそうなキーワードは何なのかを調べることが重要です。

例えば、自社の販売する化粧品を宣伝する記事を作成する場合は20代~30代の女性がターゲットとなり、キーワードは「化粧水」「美容」「若返り」などが考えられます。

このように、ユーザーの検索意図を読み取って、ユーザー目線で記事を作成することが大切です。

キーワードを元に構成を決める

先ほど紹介した化粧水を紹介する記事を作成する場合はキーワードである「化粧水」「美容」「若返り」を中心に構成を決めます。

例えば、「おすすめの美容方法」→「若返りを実現したいなら化粧水を変えるべき!」→「美容・若返りにおすすめの化粧水は〇〇!」と言ったように、ユーザーの悩みを汲みとって、キーワードを元に構成を決めることが大切です。

ユーザーにとって必要な情報であればあるほど、記事閲覧するユーザーの滞在期間が長くなり、商品を購入してもらえる可能性が高まります。

作成したSEOに強い記事を上位表示させるためのコツ

SEOに強い記事の書くポイントは以下になります。

  • タイトルや見出しにキーワードを入れる
  • 曖昧な表現は避ける
  • PREP法を意識する
  • アイキャッチ画像を設定する

それでは、それぞれご紹介していきます。

タイトルや見出しにキーワードを入れる

SEOに強い記事を書く際、タイトルや見出しにキーワードを入れることで、ユーザーがぱっと見ただけでもこの記事にはどんな内容が書いてあるのかが分かるようになり、ユーザーファーストの記事にすることができます。

そもそも検索上位に表示されている記事は全てタイトルや見出しにキーワードが入っていますので、タイトルや見出しにキーワードは必ず入れると良いでしょう。

とは言っても、キーワードを入れすぎて伝わりづらいタイトルや見出しでは意味がありませんので、効果的に入れることが大切です。

キーワードを入れすぎて、見出しと内容がブレてしまうと、ユーザーの離脱率にも繋がりますので、注意が必要です。

曖昧な表現は避ける

ユーザーが何かしらのキーワードを検索する場合は、基本的にそのキーワードの答えを求めていることが多いです。

例えば、「告白 成功 コツ」と検索するユーザーは告白で成功するコツなどを求めていることが考えられます。

このようなユーザーにとって最適な記事は「告白を成功させるコツが分かる記事」です。

そのため、「〇〇をすれば良いかもしれません」「〇〇をすれば良いという噂があります」などの曖昧な表現をすると、ユーザーの意図を読めていない記事と判断されてしまうため、上位表示が難しいです。

自社の商品である化粧水を宣伝する記事を作成したいのであれば「〇〇がおすすめ!」「〇〇はこのような効果があります!」「〇〇は口コミではこのような評価が得られています!」などと断言するような記事を作成すると良いでしょう。

PREP法を意識する

PREP法とは、「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(具体例)」「Point(結論)」の順番に文章を作成する方法を指し、基本的に結論から言い、最後にもう一度まとめるという書き方です。

SEOで上位表示を狙うには、PREP法を取り入れてユーザーにわかりやすい記事にすることが大切です。

アイキャッチ画像を設定する

SEOに強気記事を作成する際は、アイキャッチ画像を設定することが大切です。

アイキャッチ画像を設定することで、文字だけではなく視覚的にユーザーに訴えかけることができ、興味を持ってもらうことができます。

また、文字だけが並んでいる記事よりも適所に画像や表などが挿入されている記事の方が、SEOに強い記事と言えます。

SEO対策はプロに頼むのがおすすめ

SEOに強い記事を作成する場合、こうすれば必ず一番上に表示させることができるというルールは明確になっていません。

そのため、素人がSEOに強い記事を作成したつもりでも、その記事が本当にSEO対策できているのかどうかわかりません。

記事を作成するのにも時間がかかり、時間をかけて作成した記事が全く表示されなければ正直どうすれば良いのか迷走してしまいます。

そのため、記事を作成したことがない人や、SEO知識がない人は自分で記事を作成するよりも、プロに任せるほうが確実です。

プロに頼まなくても、リスティング広告を利用すれば広告としてユーザーの目に留まりやすい位置に記事を掲載することもできますが、費用がかかり、費用によっては費用対効果が悪くなる可能性も高いため、ホームページやサイト作成のプロに依頼するようにしましょう。

SEO記事は「BARIYOKA」に任せるのがおすすめ!

BARIYOKAは個人事業主や店舗経営者などの中小企業向けのホームページ作成・更新サービスです。

すでにホームページを持っている人でも、まだホームページを持っていない人でもBARIYOKAに依頼することで、作成から更新までプロが行ってくれるため、時間も手間もかかることなく、質の良い記事を作成することができます。

通常、ホームページ作成を外注する場合は数万円~数十万円かかることも多いですが、BARIYOKAでは制作費0円、保守管理費月額10,780円で利用することができ、どんな業種・業態にも対応しています。

BARIYOKAにホームページや記事の作成を依頼することで、新規顧客開拓の実現が可能になりますので、少しでも気になる人はぜひ利用してみてください!

現在、初期費用月額3か月分無料キャンペーンも開催中ですので、早めのお申し込みでお得にご利用ができます。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP