ポイントを押さえた作りが大切!PR動画制作のコツ

YouTubeを始めとする動画サイトは、インターネットの普及により、大変利用しやすいものとなりました。今では子どもたちが配信主になってくるなど、年齢層も拡大しています。

動画の存在が影響力を強めている以上、PRにも活用の道がでてきました。動画の訴求力は、非常に強力で単純です。見て感じたことが行動につながりやすいからこそ、動画制作は大きな訴求ポイントになってきています。

PR動画制作もいろいろと押さえなければいけないところがわかってきました。現代の動画サイトなどに合わせた訴求方法とするためにも、ポイントを理解してうまく活用しなければいけません。

PR動画制作とはなにか

(出典:photo AC)

訴求方法として活用されてきたPR動画ですが、その位置づけや活用の場面を知ることが大切です。

PR動画とは

イメージアップ戦略などに使われるのがPRですが、それを動画として動きを付けて訴求できるのがPR動画です。YouTubeを始めとする動画サイトで気軽に見れる、見てもらえることがポイントでしょう。

これまでのPR動画といえば舞台はTVでした。単純にTVのCMです。現在の状況はTV離れが進んでおり、広告費の比重もYouTubeなどの方が大きくなりました。つまり、PR動画としても舞台が変わったといえるでしょう。

さらにPR動画制作として見ると、TVは驚くほどの費用が必要でした。しかし、YouTubeなどの動画サイトなら、自力で作成すれば0円でもできます。もちろん、効果を考えれば最低限の投資は必要ですが、TVCMとは比較にならないほど安価にできるのです。

PR動画の活用方法

サービスや商品紹介

PR動画作成でも重要になるのが目的です。サービスや商品紹介など動画でアピールできます。動画なので使い方などもはっきりと分かりますし、どこをアピールするかで違いを明確にできる方法です。新商品は当然ですが、既存の商品で新たなユーザーを発掘する方法としても使えます。

口コミ紹介

口コミ情報はSNSで広げるのが基本でした。Twitterなどが代表的で、フォロワーを拡大していく戦略が重要です。PR動画は口コミを紹介しながら拡散できるため、とてもリアリティーを生み出せます。

イベント

PR動画制作のポイントでもありますが、イベント的な役割を作り出せます。現在はテレワークが主体となり、出かける機会も減りました。その中で動画サイトを使ったイベントもいろいろと行われています。試み的なところもありますが、ライブ配信なども使ったイベントも人気になってきているのは追い風です。

PR動画の活用場所

無料動画サイト

YouTubeが有名ですが、PR動画制作のメインのターゲットになってきました。YouTubeで公開するだけではなく、ホームページからリンクを貼るといった手法も取れるからです。SNSで公開する場合も、無料動画サイトを利用するのが一般的になっています。

企業説明もYouTubeを使うところが多くなりました。もちろん、PR動画単体としても公開することで視聴者を募れるケースも出てきています。

ホームページ

ホームページで公開する材料として、動画制作を進めるケースがあります。ホームページに動画があるだけで、差別化が進められるからです。動画の訴求力は静止画とは異なるため使い分けしなければいけませんが、効果的な手法となるでしょう。

企業説明会

企業説明会といえば、司会がいて講演者がいるというのが基本でした。しかし、テレワークが進んだ現在は、企業説明会もオンライン上で行われるケースが増えています。

動画制作の方法によって、企業説明会でもいろいろな方法が出てきました。動画だけにする方法もありますし、説明会場で動画を流すという方法もあります。

PR動画制作のポイント

(出典:photo AC)

PR動画を作るのは、要点をはっきりとさせ、必要な情報を的確に盛り込んでいかなければいけません。いろいろと詰め込み過ぎれば要点がぼやけてしまいます。

何をアピールしたいのか

PR動画制作において、編集時点でも大事なことは、アピールのポイントです。なにをPRしたいのか、企業によっても違いますが、テーマもはっきりさせるといいでしょう。

動画のサイズによっては、アピールしたものがはっきりとしない可能性もあります。アピールする以上、動画サイズに合わせた分かりやすい構成が必要です。

動画の構成

絵コンテなどを使いながら、どのような構成にするか決めていきます。全体の流れも決める段階で、演出も決定しなければいけません。セリフも見えてくると、どんな登場人物が必要なのかもわかるでしょう。アニメーションにする場合なら、声の出演などの必要があるので、この段階で決定します。

撮影

実際に撮影します。動画として、あとで編集しやすいように構成に合わせた撮影が必要です。構図に合わせた画角なども注意し撮影します。PR動画では、三脚を使って固定するのが基本です。

動画編集

動画編集は、自分たちで作業する方法と専門業者に依頼する方法があります。編集には専用のソフトが必要です。ソフトごとに癖がありますので、どんな編集に向いているのか理解して選択するといいでしょう。

PR動画作成の重要ポイント

(出典:photo AC)

PR動画作成には、必ず押さえていくべきポイントがあります。ポイントがずれてくると、PRとしても理解しにくい動画になるからです。

PRの目的

PR動画作成で重要なのが、なにを目的としているのかです。

・企業のイメージ
・商品イメージ
・人材確保

などがあげられます。

他にもいろいろと考えられますが、必ず目的ははっきりさせ、いろいろと混ぜないことが大切です。複数あげられるなら、動画も複数作成したほうが訴求しやすくなります。

ターゲットセグメント

PRは誰にしたいのでしょうか。これが重要な意味を持ちます。ターゲットセグメントとは、PRしたい相手を細かく落とし込んだものと考えるといいでしょう。

・企業のイメージ :企業を利用するひと
・商品イメージ :商品のターゲット
・人材確保 :企業が欲しい人材

このようにターゲットを落としこめます。もっと細かにターゲットを分析すると、どんなPRをするといいのか、動画作成の段階からはっきりできるでしょう。

トレンド

動画には必ずトレンドがあります。流行ともいえますが、サムネイルひとつでもトレンドがあるのが動画です。色の使い方なども研究しておく必要があるでしょう。

実際にトレンドにあった作り方をすると、視聴回数も自然と上がります。SNSでも拡散されやすくなるので、撮影の段階から意識することがポイントです。

長さ

動画作成で重要なのは長さです。編集でも長さが変わりますが、脚本も尺を意識しないといけません。

あまりに長い動画は、基本的に好まれないことが重要です。飽きてしまって見てもらえなくなります。テンポも悪くなりがちで、動画の長さに余計に嫌気がさすのです。

大事なことはできるだけ早い段階でだし、理由をあとにつけるなど工夫をすると飽きられにくくなります。どんなことでも、だらだらとしない編集をしていきましょう。

ストレスを感じないPR動画作成で

(出典:photo AC)

PRをする意識が必要ですが、なによりも作成につながる撮影が重要です。最近の動画は編集点を切り張りするような手法が多くなったものの、みる方はかなりストレスが溜まります。大事なことは、動画作成側が見るのではなく、視聴者がいるということです。いかに流れるようにテンポよくするのか、編集ではなく1本の動画として意識して作成していきましょう。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP