効果は使い方次第!オフライン広告とは

オフライン広告とは

YouTubeなどの動画を見ると、現在ではほぼ広告がつくようになりました。オンライン広告と呼ばれますが、ホームページなどでも見かけるでしょう。以前のような嫌悪感を覚えるようなこともなくなり、利用者の中でも一般化したといえます。

これまでの広告は、オンライン広告に押されてきましたが衰退したわけではありません。ターゲットによって住み分けが進んで生きているのは間違いありませんが、使い方次第で依然として大きな効果をあげられるのです。こうしたオフライン広告との違いを理解することが、広告戦略として重要な時代となりました。

オフライン広告とは

そもそもオンライン広告と比較し、オフライン広告とは何かを理解するのが大切です。違いがわかると、なにが適しているかが見えてくるからです。

オンライン広告とオフライン広告

オンライン広告とは、Web上などで展開される広告です。これ以外はすべてオフライン広告といえます。つまり、オフライン広告とは、インターネットなどに影響されないすべてです。

オフライン広告はいっぱいある

オフライン広告とは、世の中で出回っている広告の大半と言い換えられます。それぐらい物理的な広告がいっぱいあるからです。いくつかの例を見ると、その理由が見えてきます。

・TVCM

テレビで流れてくるCMはオフライン広告の代表です。テレビだけではなく、ラジオCMもあります。

制作に映像だけではなく演者にもコストがかかるところが問題ですが、時間や前後の番組も考えれば、非常に高い効果をあげられます。ラジオCMでは、映像はありませんが、コンセプトとしては似ている存在です。

費用対効果が望めるのであれば効果的ですが、かなりの負担が生じるため、規模の大きなところでなければ使えません。

・屋外看板

ビルなどに取り付けられている看板もオフライン広告のひとつです。以前は空き地などにも数多く立てられていましたが、土地の高騰などで姿が減りました。それでも自動車などで通りかかったときに目につく看板は、一定の効果をあげられます。

ただし、よく注意してみないと意味が通じないものは向かず、一瞬でわかるものでなければいけません。店舗へと導く道順などを表すようなものも、親和性の高い内容です。

・フリーペーパー

消費者に無料で配布されるのがフリーペーパーです。広告掲載料で成り立っているのが特徴ですが、無料ですので手に取ってもらいやすい特徴があります。

大事なポイントはフリーペーパーのターゲットセグメントです。どんな層に向けて作られているかで、オフライン広告の効果が変わります。

・新聞折り込み広告

新聞折り込み広告は、以前はオフライン広告の花形でした。現在は新聞の購読数が減っており、かなり効果が落ちています。

新聞の中に折り込んで配布するため、地域を絞りやすくなるのがメリットです。一定地域での認知度の向上に役立つのは今でも変わりませんが、年齢層などの問題も考慮しないと無駄な広告になりやすくなります。

・ポスティング DM

広告を直接ポストなどに投函する方法です。直接届けられるメリットがあり、一定地域に限定したいときに有効です。最新のデータを利用し、絞り込みができるので大きく変化してきました。古くからある方法ですが、効果の高さも見直されてきています。費用も抑えられることから、費用対効果の高いオフライン広告となってきました。

オフライン広告のメリットと問題点

時代とともに形を変えてきたオフライン広告は、オンライン広告に押されつつありますが、まだまだ有効な使い方があります。エリアを絞り込んで使えることなどは大きなメリットでしょう。地域に密着している企業にとっては大きな力を発揮する広告です。

半面、オフライン広告は効果測定の難しさがあげられます。デジタルなオンライン広告は、数字に表れることが利用しやすさにつながってきました。オフライン広告は見える化しにくい側面があるのは確かですが、それでも効果測定の方法が考えられ普及してきています。

オンライン広告は、検索という条件の中で絞り込みしながらピンポイントに広告が打てるメリットがあります。しかし、これが常に効果的というわけではありません。商圏範囲が狭い場合、オンライン広告の検索条件ではあまり効果が上がらないからです。

例えば水道修理というキーワードで事業と広告を考えている場合、どうしても全国という範囲になるでしょう。ところが、移動できる範囲は近隣市区町村ぐらいだったとします。地域密着ならよくあるケースです。この場合、オンライン広告を出してもそこまでの費用対効果が上がりません。検索キーワードとして掛かっても、商圏範囲に収めるのが難しいからです。

ところが、ポスティングなどオフライン広告は商圏範囲に絞りこんで広告を打てます。水回りのところに電話番号を貼ってもらうといったこともできるでしょう。オンライン広告が伸びてきているのは確かですが、こうしたメリットをうまく生かすことが、使い分けにつながるのです。

オフライン広告に向いているもの

オフライン広告を効果的に使うためには、相性が大きな問題になります。

・TVCMなどは商品などの認知

・新聞を読んでいるなど特定年齢層へのアピール

・読者がはっきりしている雑誌への商品やサービス紹介

・通勤中の人に向けた反復広告

・フリーペーパーなどで地域限定の商品やサービス

このように絞り込んでみると、オフライン広告の使い方が見えてくるでしょう。地域やセグメント、商品の特性などをはっきりさせてみると、オフライン広告の方が効率的なことがあるのがわかります。

面白いところは反復広告です。バスや電車で使われる中づり広告が代表的ですが、常に目にしてもらうことで、見ている人の記憶にするするとすりこんでいきます。雑誌の内容なども同じように使われてきました。あの雑誌だったら、自分の欲求を満たしてくれると思いだしてもらうことで購買してもらうのです。このような繰り返しはオンライン広告よりも物理的に訴えることから有効性が高いでしょう。

オフライン広告の探し方

オフライン広告は、いろいろな種類があり、広告の出し方にも違いがあります。大規模になるTVCMなどなら、専門の制作会社に依頼することになるでしょう。同じように看板なども専門業者が存在します。

もうひとつの方向性が、広告代理店です。広告代理店といっても大きなところだけではなく、地域に密着しているところもあります。自社で余計な手間をかけなくても対応してくれるので便利ですが、手数料が大きくなる傾向もあるので費用対効果をはっきりさせなければいけません。

どんどんと変わるオフライン広告とは

オフライン広告は、ずっと同じ形ではなく、時代とともに変化してきた方法です。オフライン広告も情報量を多くできること、手軽に手に取ってもらうなどつながりの点でオンライン広告よりも効果をあげられるケースが出てきます。

オンライン広告とオフライン広告の中間的なものも増えてきました。デジタルサイネージなどはその典型例といえるでしょう。デジタル看板を使いながら、オンラインでどんどんと内容を変えることもできます。カメラを取り付け、常にいろいろな情報を提供するといった方法もあるからです。

技術革新は、どんな業界にも影響を与えていきます。広告がオンラインでありデジタルに移行してきている昨今でも、受け取るのは人間に違いありません。大事なことは情報として有効であり、それが利用したい人に届くかどうかです。こうした点まで考慮し、活用していければ、オフライン広告はこれから先も有効な宣伝方法となるでしょう。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP