メディアミックスとは?メリットやリスク、成功する秘訣

店舗として営業を開始するなら集客を考えることでしょう。店舗を運営していくためには集客率を上げることが大事なので、しっかり宣伝をして知名度を上げる必要があります。集客するためには、いろいろな方法で宣伝することができますが、メディアミックスという方法を用いることも可能です。

ただメディアミックスとは何?」「活用するメリットは何があるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。メディアミックスの内容について紹介しましょう。

メディアミックスとは?

メディアミックスとは、複数のメディアを組み合わせて相乗効果を狙うことです。メディアは多様化しており、例えばテレビや新聞,雑誌などのマスメディアからホームページ、Web広告、DM、チラシなどもメディアです。

メディアにはそれぞれ強味もあれば弱味もあり、1つのメディアのみで集客して見込み客を得ることは難しいです。ただ、メディアミックスを取り入れて、それぞれの強味をより活かせるようにし、弱味になる部分を補うようにすれば多くの人に商品やサービスを訴求することが可能です。メディアミックスを利用するなら集客アップを見込むことができるでしょう。

メディアミックスのメリットとは

メディアミックスのメリットについて理解するなら、より集客の成果を高めることができるでしょう。メディアミックスのメリットは何があるのか内容を紹介しましょう。

より多くの人に宣伝することができる

メディアミックスを行うなら、より多くの人に宣伝することが可能です。上記でも紹介しましたが、メディアごとに強みと弱味があり、顧客の層は違いが生じます。例えば、雑誌ならジャンルにより対象の読者層が限定されます。

新聞なら比較的年齢層の高い人が好みメディアであり、SNSなら若い人向けと言えるでしょう。そのため、1つのメディアだけに絞ってしまうなら中高年の方には訴求できても、若い人には効果が出ないなどアプローチが限定されます。

多くの年齢層や顧客に商品やサービスを訴求するために、新聞やSNS、雑誌など、あらゆるメディアを利用するなら、幅広い層に情報発信することができ、集客率を伸ばすことができるでしょう。

ユーザーに印象付けしやすい

メディアミックスを行うなら、ユーザーにサービスや商品の印象を強く残すことも可能です。1つのメディアのみで情報発信するなら、ユーザーの印象に残りにくいことがあります。例えば、雑誌でサービスや商品の情報を見たとしても、1回見ただけでは記憶に残らず忘れてしまうこともあるでしょう。ただ、忘れられてしまうと宣伝効果が薄まってしまい、集客アップになりません。

しかし、メディアミックスは複数のメディアを利用するので顧客も情報に多く接する機会があります。例えば、雑誌で情報を見て,その後SNS、次にDMなどで情報を確認するなら、何度も同じ情報を見ているため記憶に残りやすくなります。

そして、多種多様な方法で情報を確認しているため、信頼度も高くなり好感を抱かれやすいです。ユーザに強く印象付けることができれば、集客率が伸びることを期待できるでしょう。

メディアミックス活用のリスクとは

メディアミックスを活用するなら、リスクを理解しておくことも重要です。メディアミックスはメリットだけでなく、注意点もあるからです。メディアミックスの注意点は何があるのか紹介しましょう。

<h3>費用が大きくかかる</h3>

メディアミックスは、複数のメディアを利用するため費用が大きくかかります。どんな媒体を利用するにしても、宣伝はどれも費用や手間がかかるため、利用する頻度が多くなるなら、それなりの資金計画をすべきです。

もし、資金計画をせずに多くのメディアを活用するなら売上が上がっても支出が多くなってしまい赤字に陥るケースがあります。また、複数のメディアを利用することにより1つのメディアのクオリティが下がってしまい、訴求力が弱まってしまうこともあります。広告費と効果のバランスを考慮しなくては、デメリットの部分が大きくなるのでよく熟考する必要があるでしょう。

手間がかかる

メディアミックスを活用するなら手間がかかってしまうリスクもあります。1つの情報を流すために雑誌を利用するだけでも、企画の時間と手間がもかかります。複数のメディアを活用するなら、それ以上に労力と時間がかかるため、情報をユーザーにアプローチするまでに期間が必要です。

どのメディアも直ぐに活用できるものは少なく、SNSでの発信も作成には日数がかかることもあります。メディアをどれだけ利用するか計画しておかなければ自分の発信が遅れてしまい、効果が薄まる可能性もあります。多くのメディアを活用すれば良いわけではないので、しっかり計画して実行に移すようにしましょう。

メディアミックスで成功する秘訣とは?

メディアミックスによる集客アップを狙うなら、秘訣を確認しておくことが大事です。成功する秘訣を理解することで予想通りの成果を得られて収益アップの期待を持てます。メディアミックスでは以下のポイントを確認しておきましょう。

CPAだけを評価基準にしない

CPAとはコストパーアクションのことであり、成約を1件獲得する際にかかる費用です。メディアミックスを利用して商品やサービスを宣伝するときはCPAの評価基準を重視し、数値が良いと活用成功と感じることもあるでしょう。

しかし、CPAだけの数値では本当にメディアミックスが成功しているとは断言できません。CPAの数値が良くても、新規で獲得した顧客データを確認すると広告がもたらした効果が大きくないこともあるからです。

数値はCPAだけでなく他のものも考慮しておき、予算とのバランスを考えながら運用していくことが大事です。評価基準だけを鵜呑みにせず、改善点などの見直しも検討して活用してください。

適切なメディアを選択する

メディアミックスは多くの媒体を活用しますが、たくさん利用すれば良いわけではありません。メディアミックスの目的は集客力をアップして商品やサービスを購入してもらうことです。そのため、宣伝する商品とサービスの内容を考えて適切なメディアを選択することが大事です。

商品によっては中高年の方に需要はあっても若い人には魅力が伝わらないものもあります。その場合、SNSなどを利用しても集客率が予想を下回ることもあるでしょう。メディアとターゲット層を見極めて選択してください。

何を訴求するのか考える

メディアミックスを活用するときは、何を訴求するのか考えておくことが大事です。メディアミックスは多くの媒体で宣伝することができますが、どのような特徴を知って欲しいのか、商品の強みは何かなど、伝えたい内容を把握しておくことで効果が出ます。

メディアミックスは宣伝する場面を増やすことが可能ですが、肝心の宣伝内容が曖昧であったり要点がぼやけてしまっているなら、訴求力が弱まってしまうことになります。そのため、商品の特徴をしっかり把握して何を訴求したいのか計画を練り込んでおくことが大事です。

要点や特徴が分かる訴求力のあるクオリティになっているなら、メディアミックスによる広範囲の宣伝効果は成果が出ます。メディアの力に囚われず宣伝内容のクオリティを重視しましょう。

メディアミックスを活用してみよう

メディアミックスは集客力をアップさせることができますが、リスクもあります。そのため、しっかり成功の秘訣を把握して利用することが大事です。メディアミックスを活用して、ぜひ集客力アップを狙ってみましょう。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP