LP web広告とは?メリットデメリットも紹介!

店舗を運営していくためには収益を上げることが必要であり、その際は集客に目を向ける人も多いでしょう。集客率が高くなるなら、それだけ多くの人がサービスや商品の購入をしてくれる確率も高くなるので、収益もアップするはずです。いろいろな方法で集客を行えますが、その中の1つにLP  Web広告を利用することが可能です。ただ「LP Web広告とは?」「有用に活用するためにはどうすればいいの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。LP Web広告について内容を紹介しましょう。

LP Web広告とは

LP Web広告はランディングページと呼ばれており、検索結果やWeb広告を通してユーザーが最初にアクセスするページのことです。Web広告の分野では購入やお問い合わせなど、ユーザがアクションを起こすためのページがLPと呼ばれており、主に商品やサービスを紹介しているページになります。

LPはアクションを起こすことが目的とされているため、アクセスしたページにお問い合わせや申込みが行えるように設計されています。また、購買意欲を高めてもらうために情報量も多くアクセスしたユーザーに魅力が伝わるように設計されています。

そのため、LPはレイアウトが縦長になっていることが多く、他ページへのリンクもほとんどないのが特徴です。LPは集客と購買の両方を狙って利用されることが多いです。

LPを利用するメリットとは

LPを利用することはWeb広告としてメリットがあります。メリットを知っておくことで活用を前向きに捉えることができるでしょう。LP利用のメリットは以下のようになっています。

目的達成しやすい

LPを利用するなら商品やサービスの紹介だけでなく、ユーザーに行動を起こしてもらうことが可能です。サイトや広告を作成する最終目標はユーザーに商品やサービスを購入してもらい、誘導することです。

LPのWeb広告であれば特徴の紹介だけでなく、商品の申込みページやお問い合わせなどもあり、ユーザーに購入してもらいやすい作りになっています。他のサイトと違い、1枚のページに情報が集約されているので、シンプルで読みやすく、スムーズに購入まで導くことが可能です。

別のページに移動する仕組みになっていると導線が複雑になってしまい、ユーザーも途中で読むのがきつくなって離脱してしまうことがあります。そのため、サービスや商品の売上アップを目指すならLPを利用するのがおすすめです。

ニーズに沿った情報を伝えられる

LPはニーズに沿った情報を伝えることが可能です。LPはサービスや商品に関しての内容を直接伝えています。必要な情報以外のものは省かれているため、ユーザにとっては知りたいことや疑問に思っていることを直ぐに解決することが可能です。

企業サイトなどのトップページや商品一覧のページだと商品情報よりも会社情報や商品紹介になってしまい、ユーザーのニーズとズレてしまうことがあります。ユーザーにニーズに沿った情報を正確に伝えたい場合はLPを利用することがおすすめなので、目的に合わせて考えてみましょう。

LPを利用する際のデメリットとは

LPによるWeb広告はメリットだけでなくデメリットもあります。しっかりデメリットを確認しておくことでスムーズに利用することができます。LPを利用する際のデメリットには何があるのか紹介しましょう。

制作コストがかかってしまう

LPによるWeb広告は制作コストがかかってしまいます。商品詳細ページでの代用として考える人もいますが、商品購入やサービス利用を目的として作成する場合は別です。ホームページでの役割は関心のあるユーザーを集客することや情報提供を主にしていますが、LPの役割は購買促進です。

そのため、LPは別物として作成した方が効果が出やすいと言えます。ただ、LP広告の運用を別に行うなら、当然費用負担も大きくなるでしょう。さらに、LPはデザイン性の高さも求められるため、自社で作成するには高度なスキルが必要になり、手間もかかります。

Web制作会社に依頼して制作を考えるならコストもかかるので、しっかり費用計算するなことが大事です。制作コストを支払う余裕があるのか確認して作成を考えましょう。

直帰率が高い

LPによるWeb広告は直帰率の高さもデメリットになります。LPは1枚のページに情報が集約されているため、問い合わせフォームなどに移動しないかぎり、サイト内を移動することがありません。

そのため、一般的にユーザーに関心を持ってもらえなければ、直ぐにサイト内から離脱される可能性が高くなり、滞在時間が短くなる可能性が高いです。Webサイトの目的の1つに滞在時間を長くすることがあり、ユーザーにとって有益な情報を記載できているかの指標とすることがあります。

しかし、LP広告は購入などの行動を目的としているため、ピンポイントでユーザーを狙います。そのため、関心のあるユーザーと関心がないユーザーの差が激しく、直帰率の方が高い傾向となっています。知名度アップなどの目的は向いていないので注意しましょう。

LPで効果を出すポイントとは?

LPのWeb広告で効果を出すためには、ポイントを確認しておく必要があります。LP広告の効果を最大限に引き出すためには運用方法や的確なやり方が重要です。どのような点を押さえておくべきか紹介しましょう。

ユーザーの関心を引き出す制作を行う

LPのWeb広告はユーザーにアクションを促すことが目的です。そのため、どのような設計を通してアクションを促すことができきるのか確認することが大事です。ユーザーにアクションを促すためには順序として、キャッチコピー、商品やサービスの説明、口コミ、使い方や利用方法、よくある質問、購入ボタンとして設置します。

これらの機能はしっかりあらすじを作ることが大事なので、例えば、いきなり商品の口コミが来てキャッチコピーという順序であればユーザーは商品内容を理解することができず、直ぐに離脱してしまう可能性があります。

また、キャッチコピーもユーザーの関心を引くようなワードセンスが必要であり、よくある質問もユーザが知りたい疑問を載せることが大事です。関心を引き出すことができるようにしっかり制作しましょう。

結果を分析して改善する

LPは1度制作すれば終了ではなく、結果を分析して改善する必要があります。制作前にLPについて綿密な計画をして作成しますが、予想した成果が出るとは断定できません。

LPとして効果が薄いように感じるなら、改善をしてよりユーザーに魅力のある広告へと変化させる必要があります。LPとしてよく改善されている部分はファーストビュー、問い合わせや購入フォームの見直し、コンテンツ内容や表示順、表示速度などです。

コンテンツ内容は情報量が少ないとユーザーに購買意欲を持たせることが難しいので、定期的に見直す必要もあるでしょう。また、表示速度もスピードが遅いとユーザが待ちきれずに離脱してしまう原因です。表示速度も定期的に測定して、スピードが落ちていないか確認するようにしてみましょう。

LPのWeb広告で目標達成を考えよう

LPのWeb広告を利用して、目標達成することを考えてみましょう。LPによるWeb広告は直接商品やサービスの紹介をして購入につなげることができます。ポイントを押さえて魅力あるものにすれば、売上アップにつながる可能性も高いです。制作などの費用面でのリスクがありますが、ぜひ利用を考えてみましょう。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP