新聞広告にかかる費用はどれくらい?料金の詳細について徹底解説!

今やインターネット広告などが普及していますが、一昔前までは新聞広告が主流でした。

新聞広告は基本的に新聞に出稿することを指しますが、新聞に馴染みのない人はどんな広告なのかわからない人も多いと思います。

そこで、今回は新聞広告の仕組みや費用などの基本情報をご紹介していきます。

新聞広告とは

新聞広告とはその名前の通り、新聞に出稿する広告を指します。

新聞広告は昔ながらの宣伝効果があり、本当か嘘か見分けがつかないインターネット広告よりも新聞広告の方が信頼度が高い傾向にあります。

また、基本的に広告費は前払いで支払うことが多いですが、新聞広告は後払いになっています。

新聞広告にかかる費用

新聞広告にかかる費用は数万円~数百万円など、幅広く設定されています。

新聞広告の広告料金は基本的に以下の掲載方法によっても料金が異なります。

  • 記事下広告
  • 記事中広告
  • 突き出し広告
  • 題字横・下広告

それでは、それぞれの広告費用についてご紹介していきます。

記事下広告

記事下広告の料金は以下になります。

【毎日新聞】

版 別1.0cm×1段社会面
東 京52,10065,000
北海道6,700
大 阪37,10041,000
中 部9,30010,300
西 部17,10019,000
全国版108,000119,000

参照:「毎日新聞

毎日新聞の広告費用についてまとめてみました。

こちらで紹介した料金はあくまでも基本料金となり、契約金額は以下になります。

【毎日新聞契約金額】

契約段数東京北海道大阪中部西部全国版
1段以上1,052,000103,000769,000181,000351,0002,047,000
31,019,00099,800745,000175,000340,0001,983,000
5986,00096,600721,000169,000329,0001,919,000
7952,00093,300696,000164,000317,0001,853,000
10904,00088,600661,000155,000301,0001,759,000
15888,00087,000649,000153,000296,0001,728,000
20870,00085,200636,000149,000290,0001,692,000
30843,00082,500616,000145,000281,0001,640,000
40814,00079,700595,000140,000271,0001,584,000
50787,00077,100575,000135,000262,0001,531,000
60776,00076,000567,000133,000259,0001,510,000
90740,00072,500541,000127,000247,0001,440,000
100729,00071,400533,000125,000243,0001,418,000
150717,00070,200524,000123,000239,0001,395,000
200706,00069,100516,000121,000235,0001,373,000
250695,00068,100508,000119,000232,0001,352,000
300683,00066,900499,000117,000228,0001,329,000
350674,00066,100493,000116,000225,0001,312,000
400666,00065,300487,000114,000222,0001,296,000
500650,00063,700475,000112,000217,0001,265,000

参照:「毎日新聞

記事中広告

記事中広告は記事下広告よりも広告サイズが小さく、その分費用が比較的安い傾向にあります。

毎日新聞の場合の基本料金が約81万円、契約金額70万円、朝日新聞の場合は基本料金が約111万円、契約金額が100万円となり、掲載する新聞によっても広告費用が異なりますので、必ず掲載しようと検討している新聞社に広告費用を確認しておくことをおすすめします。

突き出し広告

突き出し広告は一定の契約期間中に複数回広告を掲載することができるため、契約の期間によっては割引が適用します。

毎日新聞の場合は基本料金109万円、契約金額が約94万円、朝日新聞の場合は基本料金196万円、契約金額が約168万円になります。

題字横・下広告

題字横・下広告の費用は毎日新聞が基本料金約96万円、契約金額約84万円、朝日新聞が基本料金約150万円、契約金額約129万円で広告を掲載することができます。

新聞広告は各新聞社によっても費用が大きく変わりますが、地域密着型で店舗運営をしている人などは、対象地域を全国にする必要がなく、限定することで費用を抑えることも可能です。

新聞広告のメリット

続いて、新聞広告のメリットをご紹介していきます。

新聞広告を利用するメリットは以下になります。

  • 信用性が高い
  • 中高年層にアプローチできる
  • 地域を限定して広告配信ができる

それでは、一つずつご紹介していきます。

信用性が高い

新聞広告を利用するメリットは信用性が高いところです。

新聞に掲載されている情報が信頼度が高く、その信頼度が高い新聞に広告を掲載することで、企業の信頼性も同時に高めることができます。

中高年層にアプローチできる

新聞広告は中高年層にアプローチすることができます。

新聞は多くの中高年層が毎日のように新聞を読んでおり、多くの人の目に留まる可能性が高いです。

また、インターネット広告では若年層がターゲットになることも多いですが、中高年や高齢者向けの商品やサービスは新聞広告を利用したほうが集客に期待ができます。

地域を限定して広告配信ができる

新聞広告は地域を限定して広告配信することができます。

新聞は全国向けの新聞と、地域限定の新聞があります。

全国向けの新聞であれば全国に向けて広告を配信することができますが、地域に密着したような店舗経営をしている人などは、全国向けに広告を配信する必要がない人も多いでしょう。

新聞広告であれば地域を限定して広告配信することで、費用を抑えながらより限定した広告配信をすることが可能です。

自社ホームページを作成・更新して購買意欲アップ!

新聞広告を利用する場合、どうしてもテキストが多くなってしまったり、広告画像が白黒のため、広告を見たユーザーが企業のホームページや、広告に掲載されている商品をもっと詳しく確認するために、ホームページを確認する人も多いです。

ホームページを確認したのに、新聞に広告がある商品やサービスの情報の記載がなかったり、ホームページから電話番号を探しづらいホームページだとユーザーの離脱率を高めてしまいます。

そのため購買促進をさせる場合は自社ホームページを作成・更新することが重要です。

BARIYOKAであればホームページの作成・更新作業にかかるほとんどの作業をプロに丸投げすることができ、制作費0円、保守管理費用月額10,780円で利用することができるため、少しでも気になる人はぜひ、BARIYOKAにお問い合わせしてみてください。

また、BARIYOKAは現在初期費用月額3か月0円のキャンペーンを実施していますので、お早めに検討することをおすすめします。

BARIYOKA公式サイト

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP