いくら必要?ECサイト構築に必要な費用について分かりやすく解説!

■ECサイト構築はどのようにすればよいのか?

 ライフスタイルの変化や社会環境の変化により、顧客の購買行動は複雑になりつつあります。特にスマートフォンを利用したオンラインでの購買が活発になりつつあり、今後も増加する見込みです。そのため、オンラインでの販売方法の確立を行えるかが事業成長のカギになります。自社製品の販売を行っている企業であればオンラインでの販売を強化すべくECサイトの構築を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ECサイトを構築するに際し、どのような手法が存在するのか、どれくらいの費用が発生するのか分からない場合も多いものです。ECサイト構築を成功させるためにも正しい知識を持つ必要があります。

■ECサイト構築の手法と費用について

ECサイトの構築には様々な方法が存在します。自社がどのような目的でECサイトを構築するのか目的に合わせた手法を選択することが大切です。構築手法や必要となる費用を下記にまとめました。

1.モール型

モール型は、楽天市場やAmazonのような既存のプラットフォームを利用する方法になります。大手のIT企業が運営するプラットフォームになるので、集客が比較的簡単に行える点がメリットになります。

また、初期費用やランニングコストが低く、EC運営の仕組みが整っているため、初心者にも利用しやすい点も魅力です。初心者には参入しやすい仕組みになっていますが、注意点も存在します。注意点の1つ目はモールの出店ルールに則る運営が必要になるため、個性的なカスタマイズが難しい事になります。特に個性的なカスタマイズが必要ないということであればモール型が適しているかもしれません。2つ目は、出店する企業が多いため、競争が激しくなることです。大手企業のプラットフォームのため、集客力はありますが、自社サイトへの集客はそう簡単にはいかない場合もあり注意が必要です。3つ目は出店するプラットフォームの規則変更や仕様変更が突然に行われる場合もあることになります。尚、サイト構築の費用は10万円以下が相場になります。

2.ASP型

ASP型はECサイト構築のアプリケーションソフトを提供している企業のサービスをレンタルするスタイルになります。ECサイト構築に利用する際に、ECサイト構築に必要なコア部分のシステムを利用することができるため、ブラウザ上で簡単にECサイトの構築を行う事ができます。簡単にECサイト構築を行える一方、無料ASPの場合、デザインや機能面に制限がある場合が多いです。しかし、有料ASPの場合はデザインや機能面で選択の幅が広がるため、サイト制作の可能性が広くなる特徴があります。費用の相場としては、10万円~100万円が相場になります。

3.オープンソース型

オープンソース型は、ECシステムのプログラムコードが公開されているため、デザインや機能面でのカスタマイズを自らで行うことが可能です。そのため、カスタマイズ性の高いECサイトを構築することが利点です。オリジナル性の高いECサイトの構築が可能ですが、専門的なスキルが必要になるためスキルを持たない初心者には向かない手法になります。特にセキュリティーの分部でのリスクを認識する必要があり、セキュリティーで問題が発生した際には完全自己責任になることを理解する必要があります。そのため、単にECサイトを構築するだけでなく、構築後のセキュリティー対策も含めた運営・メンテナンス体制を整える必要もあり、その分の人件費が発生してしまうことがデメリットです。サイト構築の費用は、100~500万円程になります。

4.パッケージ型

 パッケージ型は、ECサイトの構築に必要な機能がパッケージされたシステムをカスタマイズする手法になります。カスタマイズ性が非常に高いことが特徴であり、デザインや機能面でオリジナル性の高いECサイトを構築することが可能です。セキュリティー面での対策も万全のため、安心です。ECサイトでの販売強化を目標にされており、本格的なECサイトの構築を目指す場合に適している手法になります。基本的にパッケージ型はECサイトの構築後の運営サポートも行っています。費用は500万以上が相場です。

5.フルスクラッチ型

 フルスクラッチ型は、完全オリジナルのECサイトを構築する手法になります。ユーザー向けのレイアウトから、自社のスタッフが使用するレイアウトまで、最も適切なレイアウトになるようにカスタマイズすることが可能です。完全オリジナルのサイトを構築できる利点があります。しかし、オリジナルのECサイトを構築するためには、制作に時間がかかる場合も多く、開発費も高額になるケースが多いものです。費用の相場としては数千万円以上の額が必要になると言われています。そのため、大規模なECサイトを構築する必要がある大企業向けの手法になると言えるでしょう。

■ECサイト構築時の注意点

 自社に適したECサイトを構築したいと考える人にとって、サイト構築時の注意点を把握しておくことも大切になります。サイト構築時の注意点をまとめました。

1.提案時の見積もりに注意する

 ECサイト構築時の注意点として、見積もりの金額が適切かを確認する必要があります。一般的に見積もりをとる場合、見積もりの額が適切か複数社に見積もりを依頼することがほとんどでしょう。しかしながら、ECサイトの構築に際しては企業ごとに見積もりの額が大きく異なる場合もあります。まったく、知識を持ち合わせていない場合であれば、どの見積もりが適正な額であるか判断に迷うことが多いものです。まったく知識を持ちあわせていない段階で契約した結果、契約内容が不十分で制作が完了した時点で制作費用が高額になる場合もあります。のちのち、見積額より高い金額を求められるようでは大変ですよね。

 このような事態を避けるためにも、自社のECサイトで求める機能やデザインについて見積もりで具体的に回答が行われているかチェックをすることが大切です。見積もりがバラバラにならないためにも、具体的な機能について条件として細かく伝える必要があります。

2.リニューアル時にも費用が必要

 ECサイトは構築した後も、リニューアルが必要になります。モール型やASPなどの外部システムを利用しているのであれば、プラットフォーム側がシステムの管理を行っているので、最新のシステムの利用が可能です。しかし、ECサイトを自社の人員で構築した場合、時間の経過とともにシステムが古くなる場合があります。例えば、サイトが完成した後に、新しい法律が制定されたことで法律に対応する問題が発生する場合もあります。また、技術が進歩することでセキュリティー面での問題が発生する場合もあるでしょう。こうした状況に対応するために、ECサイトは3~5年単位でリニューアルやメンテナンスが必要になるのです。リニューアルの際は別途リニューアル費が発生するので事前に用意を行う必要があります。

3.ECサイトの運用を怠らない

 自社が求めるECサイトが完成した後には、ECサイトの運用を怠らないようにする必要があります。ECサイトの運用で大切になるポイントは、サイトへの訪問者や購買率を増やすことになります。こうした指標のアップを目標に、具体的にどのようなアクションを行っていくのかプランを策定し、地道に取り組む運営が大切です。適切な運用を行ってこそ、ECサイトの価値が最大化するので運用を怠らないような仕組みづくりが必要になるでしょう。

■まとめ

 ECサイトは実店舗と異なり、24時間営業を行うことも可能です。私たちが就寝している時間であっても売り上げを上げてくれる大切な資産になります。ECサイトを構築するには、自社にどのようなECサイトがてきしているのかを明確にし、必要な費用を投じることが大切です。ECサイトを構築する際には、企業の側にも正しい知識を持つことが求められます。本記事がECサイトの構築手法や費用に関する参考になれば幸いです。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP