店舗で集客を狙うならホームページのSEO対策を考えよう!

開業などをして店舗を構えたなら集客について考えるでしょう。店舗を構えて経営を行ったとしても、顧客が来店してくれなければ収益をあげることができません。集客を行う方法はいろいろありますが、その中で効果的な方法がホームページの作成です。なければ収益をあげることができません。集客を行う方法はいろいろありますが、その中で効果的な方法がホームページの作成です。

ホームページを作成するならネットから多くの顧客に宣伝することが可能です。ただ、ホームページで多くの集客を行うためにはSEO対策をして検索上位に上ることが大事です。どのようにホームページのSEO対策を行えるのか紹介しましょう。

店舗のホームページで行えるSEO対策とは?

https://pixabay.com/ja/photos/マックブック-ラップトップ-459196/

店舗の集客方法としてホームページの制作を行う際にはSEO対策がポイントになります。ただ、店舗のホームページ制作のSEO対策では何を重視すればいいのか疑問を感じる人もいるでしょう。ホームページのSEO対策では以下の点を重視します。

キーワードの選定を行う

ホームページのSEOで大事なのはキーワードの選定です。インターネット検索するユーザーは知りたい情報を探すときに関連するキーワードを入力します。例えば、自宅の改装を考えている人なら「工務店」というキーワードで検索することが予想できます。

そのため、ホームページを制作する際に「工務店」というキーワードを選定しておくなら、ユーザーに閲覧してもらいやすくなるでしょう。ただ、この場合はビッグワードとなり、他の競合サイトも同じキーワード選定をしている可能性が高いです。

つまり「工務店」というキーワードだけだと他のサイトに埋れてしまい、集客が思うようにいきません。そのため、キーワード選定では細かくユーザーの層を狙うため「東京、工務店」「安い、工務店」など、ビッグワードと関連しているキーワードと一緒に選定することが重要です。

関連キーワードで検索を絞り込ませることで、より上位検索されやすくなるので、熟考して選択しましょう。

コンテンツを充実させる

ホームページのSEO対策ではコンテンツを充実させることも大事です。コンテンツは2つのポイントがあり、主に大見出しに使うHTMLタグと記事数を重視する必要があります。HTMLとはホームページ内のタイトルや大見出し、小見出しなどによりチューニングすることです。

GoogleやYahooなどのサイトはHTML内に、選定されたキーワードが設定されているかで上位検索サイトとして表示するのか決定しています。もちろん、これだけで判定するわけではありませんが、1つの重要な判定材料となります。

つまり、タイトルや大見出しなどに選定したキーワードが入力されているなら、上位検索でヒットしやすくなり集客の見込みが大きくなります。また、キーワードに関連した記事数が多いと、検索エンジンは「優良なホームページ」として認識してくれやすくなり、上位に表示しやすくなります。

この関連記事も同じくHTMLに関連キーワードが記入されていることが条件です。ホームページとは関係ない記事が多数存在しているようだと、逆にSEO対策で足を引っ張ることになります。関連キーワードに関係する内容が組み込まれることでサイトの評価が高くなるので、重視しておきましょう。

外部サイトの被リンクを獲得する

ホームページのSEO対策では外部サイトの被リンクを獲得することも大事です。被リンクとは他社のサイトからリンクを受け取ることであり、他のサイトから自分のホームページを紹介してもらうことです。

他のサイトから自分のホームページのリンクを紹介してもらえているなら、検索エンジンは「優良サイト」という判断をしてくれるので、上位表示しやすくなります。そのため、ある程度、他のサイトからも自分のホームページ内容が良くないと魅力を感じてもらえないため、デザインや動画、画像の埋め込みを行うことなどを努力することが大事です。

リンクの購入をして被リンク対策を行うことは検索エンジンの利用規約で禁止されているので、違反行為はやめておきましょう。SEO業者の中には外部リンクの支援を行っている所もありますが、利用規約違反となるとSEOの点で大きなマイナスとなります。被リンクの獲得には十分注意して進めていくことが大事です。

インデックスを行っていく

ホームページのSEO対策ではインデックスへの対策を行うことも大事です。インデックスとは、検索エンジンがインターネット上にあるホームページを調査して、データベースに登録していくことです。インデックスされていないページは検索エンジンに知られていないので、いくら関連記事などを作成してもSEOに反映されません。

インデックスを行うためには、Googleのサイトマップを利用して登録することや、ホームページを更新することで登録されます。インデックスしてホームページの内容や記事が検索エンジンに認知されていくなら「優良サイト」と認識されやすくなるため、検索上位を上げていくことが可能です。

コンテンツを充実させてもインデックス登録されていないことで検索上位への表示がされないこともあるため、忘れずに行うようにしてください。

パンクズリストの設置

ホームページのSEO対策として、パンクズリストの追加とページ速度のアップデートを考えることも大事です。パンクズリストはホームページ内のどこのコンテンツにいるのかユーザーに示すパーツであり、どのページにいるのか把握しやすくする機能です。

また、自分が行きたいコンテンツに移動できるように設定することも可能なので、ユーザーにとってはサイトを閲覧する際に助かる機能と言えます。ユーザーにとって分かりやすい、ホームページに仕上げることができるということは、検索エンジンにとってもホームページ内を分析しやすいです。

SEO対策に一定の効果があるので、付帯させておくようにしましょう。

ページ表示速度のアップデートを行う

ホームページの表示速度を上げることもSEO対策には重要です。ユーザーがホームページにアクセスしても表示されるまでに時間がかかるなら、待つことができずに別のページに移動してしまうことになります。

表示速度によってユーザーが留まるのか、それとも移動してしまうのかで大きく影響するので、表示速度はできるだけ早く表示されるように取り組む必要があります。ページの表示速度を速くするためには、画像のサイズを小さくする、大量に動画や画像を読み込ませない、早いWebサーバーを利用するなど、いろいろな方法があります。10秒以上かかると遅いので、定期的にアップデートも行い、速度を落とさないようにしましょう。

SNSのシェアを行う

ホームページのSNSシェアを行うこともSEO対策につながります。今ではSEOもSNSの反響などが影響することもあり、たくさんシェアされることで検索順位が上がっている人もいるようです。

SNSシェアを狙うなら、ホームページ内に店舗のTwitterなどのSNSと連携させておくだけで良いので難しい作業ではありません。SNSで拡散されれば経由してホームページに訪れるユーザー数が増えて、検索エンジンへの評価が上がることも期待できるので、ぜひ設置するようにしましょう。

ホームページのSEO対策のポイントをつかんで運営しよう

https://pixabay.com/ja/photos/一杯のコーヒー-ラップトップ-1280537/

ホームページで店舗の集客を行うなら、SEO対策についてしっかりポイントを掴んでおきましょう。ポイントは複数あるので、それぞれ対策をしておくことで上位検索に反映され、集客効果を期待できます。ぜひしっかりホームページのSEO対策をして運営できるようにしてください。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP