必見!成功するホームページのリニューアル方法を具体的に解説!

ホームページの開設を行って数年が経過すると、デザインが古くなったり、コンテンツが複雑になったり様々に問題が発生します。そのまま放置すると、自社ホームページへのアクセスが落ちる場合もあります。そのため、どこかのタイミングでホームページのリニューアルの検討が必要です。今回は成功するホームページのリニューアル方法についてまとめました。

ホームページをリニューアルするタイミングとは?

ホームページを開設して数年が経過。様々な問題が見つかるようになり、リニューアルを検討される経営者やweb担当者も多いのではないでしょうか。しかし、リニューアルすべきか判断に悩む方も多いでしょう。

リニューアルのタイミングを判断するポイントをまとめました。

Webデザインが古い

ホームページは時間の経過とともに、どうしてもデザインが古くなってしまいます。ITやネットの環境は急速に変化することが特徴です。また、スマートフォンを利用して情報検索をすることがメインになり、スマートフォンで表示した際に最適なWebデザインにすることが必要になっています。

さらに、人々のライフスタイルも急速に変化しています。絶えず変化するライフスタイルや個人の嗜好に合わせた見やすくストレスを感じにくいWebデザインにしなければホームページ自体が評価されなくなるでしょう。

そのため、Webデザインに古さを感じ始めた時がホームページをリニューアルするタイミングであると言えます。

ホームページの記事が整理されていない

ホームページを運営する際にSEO対策として記事を量産しコンテンツを増やした結果、内部のレイアウトが複雑になってしまう場合があります。記事自体の数は多いものの、顧客が欲しい情報になかなかたどり着けない問題が発生することも多いです。

顧客が探している情報になかなかたどり着けないのであれば、貴社のホームページへの評価は下がり始めている可能性があります。そのため、掲載している記事が増え整理がされていない際にはリニューアルを検討された方がよいでしょう。

ホームページ開設から数年が経過

そもそもの点から話をすると、ホームページには本来のスペックを活かせる期間が存在しています。パソコンやスマートフォンのような製品は、何年かすると性能が落ち始めますよね。ホームページも時間の経過とともに本来にスペックが活かせなくなるのです。こうしたスペック低下の原因としては、技術的な変化はもちろん影響します。しかし、ライバルサイトの仕様が大きく変わったり、事業を行うマーケットの変化で自社と競合する企業が変わったりすることで、相対的に本来のスペックが活かせなくなる場合があるのです。

パソコンやスマートフォンの場合、買い替えという対応を取りますが、ホームページであれば、リニューアルにて対応します。

ホームページへのアクセスが低下

自社ホームページへのアクセスが低下し始めるときはリニューアルを検討するタイミングであると言えます。アクセスの低下は売上の低下に直結するので焦る人も多いでしょう。

ホームページはコマメなリニューアルを行っていてもどこかのタイミングで抜本的な変更を行わなければなりません。それは、新発売された車がマイナーチェンジを重ねていても数年後にフルモデルチェンジをしなければ大幅な性能の向上が見込めない場合の状況に似ています。アクセスが低下し始めるタイミングがリニューアルを行うタイミングになります。

ホームページのリニューアルの手順を解説

ホームページをリニューアルする必要性を認識したら、実際にホームページのリニューアルを行う必要があります。下記に手順をまとめました。

ホームページをリニューアルする目的の明確化

ホームページのリニューアルで最も重要なポイントは、リニューアルする目的を明確化することになります。例えば、ホームページによる集客向上を目指すのであれば集客アップにつながるリニューアルを行うことが大切です。

ここで注意するポイントは一言で集客と言っても、単にアクセス数を増やすのか、サイトからのお問い合わせ数を増やすのか、もしくは、資料のダウンロードを増やすのか、どこに比重を置くかによって目的が変わってくることです。それぞれの目的に合わせた目標を設定することが必要になります。

現状のホームページの問題点を把握する

リニューアルに関しては、現状の問題点を把握することも大切です。集客の課題を改善するのであれば、集客上の課題になっている要因をまとめてみましょう。

例えば、下記のような課題が見つかるかもしれません。

・記事の改行が少ない
・文字が小さすぎる
・アイキャッチ画像が古臭い
・記事の更新から時間が経過している
・目的の記事を見つけにくい

細かい部分まで問題点を出し尽くすことがポイントです。

競合企業の分析を実施

自社の分析が完了したら、競合企業の分析を行うようにしましょう。競合分析をする理由は、競合は同じ業界の企業になるので、同じような課題を抱えている可能性が高いためです。もしかすると、競合の中には自社が抱えている課題を既に解決しているケースもあるかもしれません。その場合、競合企業はいかにしてその課題を解決したのかを分析してみて下さい。自社に必要なヒントが見つかるかもしれません。

また、競合で気になるホームページを持つ会社があれば、その会社のホームページをじっくりと分析することも大切です。あなたが関心を持つということはそのサイトに何かしらの魅力があることの証拠です。

魅力を感じる理由を見つけることができれば、自社サイトに応用することも可能です。

SEOを意識した構成にリニューアル

リニューアルを行う際にはSEOを意識した構成にリニューアルすることも大切です。

ホームページを訪問する顧客は、検索エンジンからの検索により訪問する場合がほとんどです。そのため、いくら立派なホームページを作ったとしても、検索結果に自社ホームページが表示されなければ、ホームページを見てもらうことができません。ホームページの訪問者には見込み顧客が多いので、機会損失を生んでしまいます。

リニューアルする際には、検索結果に表示されるようにSEO対策を行うことが大切です。

ホームページのリニューアル後の対応

ホームページをリニューアルした際にはホームページをリニューアルしたことを発信するようにしましょう。

自社ホームページにてリニューアルを告知する

ホームページのリニューアルを行った際には、自社ホームページにてリニューアルを行ったことを告知するようにしましょう。以前からの顧客がリニューアル後のホームページを訪れた際に、『別の会社のサイトを訪問してしまったのではないか?』と不安になることを避けるためにも告知は必要です。

リニューアルした際には、自社ホームページで告知を行うようにすることが大切です。

プレスリリースやSNSでの告知を行う

プレスリリースやSNSにてホームページのリニューアルを行ったことを発信することも大切です。ホームページがリニューアルされることで、顧客に新しい印象を与えることができます。そのため、リニューアルについては積極的に発信することが大切です。

特に、SNSでの発信は波及効果が高いので積極的に行うようにしましょう。

リニューアル後の運用を怠らない

ホームページのリニューアルが完了したら、その後の運用を怠らないようにしましょう。

特にリニューアル直後は様々な問題が発生しがちなので注意するようにしてください。こまめにコンテンツが更新されているサイトはGoogleからの評価も高まります。また、ホームページの訪問者もこまめに運用されているサイトであれば安心することができます。こまめな運用チェックを怠らずに実施することが大切です。

まとめ

ホームページ開設後数年が経過した時はリニューアルを検討するタイミングと言えるでしょう。リニューアルを成功させるには目的を明確にし、適切な手順を踏みながら実施することが大切です。また、こまめな運用を適切に行うようにしましょう。

本記事がリニューアルを成功させる際の参考になれば幸いです。

ホームページの作成・更新なら「BARIYOKA」がおすすめ!

当サイトを運営している「BARIYOKA」はサブスク型のホームページ作成・更新サービスを提供しています。BARIYOKAでは保守管理費用の5,280円(税込)/月のみでホームページの作成から更新までをお任せいただけます。初期費用をかけずにハイクオリティーなホームページを持てるとお喜びの声をいただいております。

ホームページの新規制作、リニューアルを検討されている方の中には個人事業主、経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ホームページの作成、集客などを全て丸投げすることで、やらなければいけない業務に集中して取り組むことが可能です。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP