知っていた方が得!ホームページ制作の作成ポイントについて解説!

ホームページの制作を検討する際に、そもそもの作成ポイントが分からないという方も多いのではないでしょうか。手順がよくわからないまま、制作会社に依頼したところ、イメージしていたものと違うホームページができてしまったという場合もあるかもしれません。今回はホームページ制作の際に大切な制作ポイントをまとめました。

■ホームページ作成に必要なポイントとは

ホームページ作成には抑えるべきポイントが存在しています。ポイントを押さえることで理想とするホームページ作成が可能となります。具体的なポイントを下記にまとめました。

 

ホームページを作成する目的を明確にする

 

ホームページを制作する場合、制作する目的を明確にすることが大切です。ホームページは自社のブランディングや集客力向上など様々な用途で活用可能です。例えば、ブランディングをメインに行う場合、美しいWebデザインにすることが必要です。また、集客を目的に利用するのであれば、顧客が必要な情報をスムーズに取得できるようなレイアウトにする必要があります。ホームページ作成の目的が明確になっていなければ、制作過程で目的がブレてしまい中途半端なホームページが完成する場合もあるでしょう。そうした事態を避けるためにも、作成の目的を明確にすることが大切になります。

ホームページの種類を理解する

 

ホームページを作成する際には、ホームページの種類を理解する必要があります。ホームページには様々な種類があり、それぞれの特徴を把握することが大切です。例えば、情報発信やブランディングをメインに行うのであればプロモーションサイトが適しています。また、自社で商品を扱っている場合、自社ホームページにてオンライン販売を行う場合もあるでしょう。販売を行うことがメインであればオンラインショッピングサイトが適していると言えます。このように、ホームページと言っても、目的に合わせた様々なサイトが存在しています。自社の目的に合うサイトはどの形式が適しているか検討することが大切です。

対象となる顧客のペルソナを明確化する

 ホームページを作成する際に、自社がどのような顧客を対象にしているのか明確にする必要があります。こうした作業をマーケティングではペルソナを設定すると言います。例えば、貴社がスーツを販売している衣料品店であれば、対象となる顧客のイメージを具体化することが大切です。

 ペルソナの例を下記に記載すると、

『30~40歳の中堅の男性会社員がメインターゲット。年収は平均的なサラリーマンと同じであり、スーツは商談の際に着用。近年の在宅ワーク、オフィスカジュアル化の普及によりスーツを着る機会が減っているが、ここ一番の商談で着用する機会が多いので、少し高価であっても高品質でデザイン性の高いスーツを求めている』

というようにペルソナを設定することができます。

 ペルソナを設定することで、そのペルソナに適したホームページを作成できるようになります。

 

完成時期を明確にする

 ホームページ制作の際に大切なポイントとしては、完成時期を明確にすることも必要です。特に、外部に制作を依頼する場合、納期を決めることは大切になります。納期が決まっていなければ制作会社も他社の案件を優先したり、適切な人員を手配できなかったりする場合が発生するので、納期を明確にする必要があります。また、自社で製作する場合にも納期は大切になります。制作を担当するスタッフは他業務と兼任して行う場合が多いので、完成時期が明確でなければ制作が遅くなる可能性が高いためです。

 完成時期を明確にすることもホームページ制作を成功させるポイントになります。

■ホームページ作成の手法を決める

 

 ホームページ作成に関する目的が決まったのであれば、次は実際にどのようにしてホームページを作成するかを検討する必要があります。具体的に下記にまとめました。

自社で作成するか外部に依頼するかを検討

 ホームページを制作する場合、自社で制作するか、外部に依頼するか検討されることでしょう。自社で作成する場合、自社にホームページ制作に詳しいスタッフが存在するのであれば、自社で作成しても良いかもしれません。しかし、実際に自社で作成しようとしても担当するスタッフのスキルが必ずしも十分とは言えない場合、外部に依頼する方がよいでしょう。外部に依頼する場合は、ホームページ制作会社に依頼する場合やフリーランスに依頼する場合があります。

どのようなツールでホームページを作成するか

 ホームページ制作をする場合、ホームページをどのようなツールで作成するかを決める必要があります。

オススメの方法は、ワードプレスを利用して作成する方法になります。ワードプレスをオススメする理由は操作性が高いためです。ホームページ制作にはHTMLやCSSなどの言語を使用して作成する方法もあります。しかし、この方法のデメリットは、ホームページ完成後の運用の段階になった際に、その言語に詳しいスタッフが必要になることがネックです。詳しいスタッフが退職した際に、ホームページの運用がストップしてしまう事態にもなりかねません。ワードプレスの場合、専門的な言語を用いて作成したホームページに比べ運営に必要な知識を獲得することが簡単です。そのため、運用の段階になっても、自社で運営しやすいことがメリットです。自社で運用する場面までを念頭に置いたうえで、ワードプレスを用いてホームページを作成することをオススメします。

費用がいくらかかるかを把握する

 ホームページを作成する際には、費用がどれくらい必要か把握する必要があります。最も安価で制作できるのは自社で作成する場合と言えるでしょう。費用は、必要な書籍やサーバー、ドメインの代金程度になります。一番安く制作できる方法ですが、ホームページ制作に詳しいスタッフが存在しなければ失敗する可能性も高くなります。

次に、安価に作成できる方法としては、フリーランスに依頼する場合になります。もしも、信頼できるフリーランスの制作者が近くに存在するのであれば依頼を検討しても良いかもしてません。

そして、費用は高くなりますが最も確実に制作できる方法がホームページ制作会社に依頼する方法になります。ホームページ制作会社に依頼する場合、価格は高めになる可能性が高いです。しかし、ホームページ制作会社の中には安価で制作を請け負っている良心的な会社も存在するので、そのような会社を利用することで制作価格を下げることが可能です。

■ホームページ作成を外部に依頼する場合の注意点 

 

ホームページを外部に依頼する場合には注意点もあります。下記にまとめました。

ホームページ制作会社に依頼する場合

 ホームページ制作会社に依頼する場合、専門的知見を有するスタッフが在籍しているためレベルの高いホームページが出来上がることが魅力です。ホームページ制作会社に依頼する際の注意点としては、中には良心的でない業者も存在することになります。例えば、制作に関するやり取りが非常に適当な業者も存在します。そうした業者に引っかからないようにするためにも、過去の実績や口コミを確認することが大切です。依頼をする前に入念に会社調べを行い、適切な会社に依頼するようにしましょう。

フリーランスに依頼する場合

 ホームページ制作を検討する際に、フリーランスへの依頼を検討することもあるでしょう。フリーランスに依頼する際に注意することは、フリーランスのスキルを正確に見極める事になります。フリーランスでも制作レベルに差があります。もしも、フリーランスに依頼をするのであれば、ポートフォリオを確認されてみて下さい。優秀なフリーランスほど詳細なポートフォリオを作成しているのでスキルを確認できます。

 スキルの高いフリーランスに制作依頼をすることが大切です。

■まとめ

 ホームページを制作する際には、作成のポイントが存在しています。その作成ポイントを把握することでホームページ制作を成功に導くことが可能になります。本格的なホームページを制作したいのであれば制作会社を利用されるとよいでしょう。本記事がホームページ制作の際に参考になれば幸いです。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP