覚えておこう!ホームページ制作の基本的な流れ

ホームページ制作 流れ

ホームページ制作は、どんなに簡易的なものでも必ず流れがあります。作業には必ず順番があり、守らなければうまくいきません。

ホームページ制作ではワークフローと呼ばれる流れですが、外注に出す場合も自分たちで作る場合にも、スムーズに作るためには理解が大切です。

ホームページ制作の主な流れ

(出典:photo AC)

ホームページ制作には、主に4つの流れが存在します。この流れをさらに細分化していくことで、目的にあったホームページ制作が実現可能です。内製でも外注でもこれは変わりません。

・企画

・実装

・運用

・評価

この流れは一連のサイクルであり、評価で終了することもできますが、企画にフィードバックし更に良質なホームページにしていくこともできます。大事なことは歩みを止めないことであり、常に更新し続けていくことです。そのためにも必要な要件をはっきりとさせ、そろえていかなければいけません。

企画

企画は非常に重要な段階です。この段階で失敗すると、そのあとの流れに大きな影響を与え、本来目指しているのとは違ったところへ向かいだします。修正も難しくなるため、企画の段階で失敗しないことが求められます。

要件定義

企画の段階で重要なのが要件定義です。いったい何のためにホームページを作りたいのかはっきりさせると思えばわかりやすいでしょう。つまり、ゴールを決めることです。

企業のホームページなら、集客やイメージ戦略などがあげられます。ECショップなら商品を販売し売上げを上げることが目的です。このようにいったい何のために作るのか、この条件をすべてまとめていくのが要件定義になります。

専門業者に依頼する場合も、要件定義にはとにかく時間を掛けます。何のために作るのか、ゴールの設定のために何をするかをまとめなければいけないからです。ヒアリングの時間ですが、要望を細かく拾い上げデザインや機能も決めます。そのための課題なども割り出していき、どれぐらいの工程が必要なのかも見えてくるのが要件定義の重要性です。

出来上がった要件定義に対し、合意して初めてホームページ制作に着手する段階ともなります。そのために、ペルソナを立てて仮説を作り上げ、どのような結果が導けるのかも検討しなければいけません。納得できなければ、プロジェクトとしてもスタートしないと思っていいでしょう。

構成決定

要件定義に基づき、ホームページをどのような構成にするのか決めます。必要な要件を満たすために必要な段階で、これも要件定義の中に盛り込まれるのが特徴です。

最適な方法は何かを検討し、サイトマップも作ります。これにより構成がはっきりわかり、詳細なスケジュールが決められる段階です。

画面設計

構成が決まると、実際に必要な画面の設計に入ります。個別の設計のスタートです。要件定義にもある程度盛り込まれていきますが、かなり形が見えてくる段階といえるでしょう。必要な要素や情報に不備はないかなども検討されます。

必要な情報の収集も進むため、具体性が高まり形がしっかり作られていきます。この時点でやり直しとなれば、スケジュールは大幅に狂いが出てくるところに注意が必要です。

システムの仕様

システムの仕様も要件定義に合わせて設計します。更新頻度とも直結する部分で、どの部分を更新するかなどもシステムにかかわる重要ポイントです。

機能が高まると、システムの仕様は複雑化します。その分だけ時間がとられやすい部分ですが、画面設計などとは別に制作もできるところが重要です。内製の場合、システム的な部分だけ外注を使うといった手法もあります。

実装

(出典:photo AC)

ここからは実際に作成していく流れです。これまでは設計段階で机上のプランを実現していかなければいけません。

デザイン制作

要件定義と設計に合わせてデザインを制作していきます。トップページだけではなく下層ページも作成する段階です。下層ページに関するルールなども策定しながら、デザインを決定しなければいけません。

コーディング

出来上がったデザインをHTMLに書き換えることをコーディングと呼びます。実際にWeb上で表示される形を作ると考えれば分かりやすいでしょう。単純に表示させるだけではなく、SEOを意識した記述が必要です。

チェック

ブラウザを使って、実際にどのように表示されるかチェックします。この情報をもとに修正を繰り返していくのが大切です。

一般的には

・Google Chrome

・Mozilla Firefox

・Microsoft Edge

・Safari MacOS

などでチェックします。

このほかにも世界で使われているブラウザが存在しますが、必要であれば要件定義に盛り込んでおかなければいけません。最近ではモバイル用のブラウザチェックも必要で、AndroidとiOS環境でどうなるかも見ていきます。

システム開発

システムの仕様に合わせた開発を行います。開発が終了するとともにユーザーが利用する状態を想定したテストも実施しなければいけません。システム開発はホームページ制作とは別に組むこともあり、並行して行われ最終的に実装されます。

最終確認

テストの環境で文章などコンテンツに関しても最終確認をします。リンクなどのチェックも重要で、公開しても問題がない状態まで仕上げる段階です。

公開と運用

(出典:photo AC)

ホームページ制作において、公開してみないとわからない部分があるのも事実です。アクセス解析などが当たりますが、ここからもさまざまな流れがあります。

検索エンジンとの連携

検索エンジンは、自動的に巡回してきますが、いつ来るのかわからないのでは困ります。できるだけ早くインデックスしてほしいため、検索エンジンにパトロールするように指示を出さなければいけません。

外部への連絡

ホームページ制作が終わり公開したことを内外部に知らせていきます。電子的な部分ではなく、アナログ的手法です。電話やメールなどで知らせるだけではなく、名刺に記載して配る方法も有効です。

定期的な更新

ホームページ制作は、作って終わりではなく、定期的な更新をしなければ運用になりません。陳腐化する部分もありますし、更新していることで稼働していると知らせることも可能です。

アクセス解析と分析

自分の情報を公開するだけなら問題はありませんが、企業としてはどれほどのアクセスがあるのか解析して分析する必要があるでしょう。投資に見合った成果を上げているのかといった調査も必要だからです。これも要件定義に沿った部分となりますが、定期的に目標を達成しているか調べる必要が出てきます。

評価

(出典:photo AC)

公開したホームページの内容を分析し、要件定義を満たしているか評価します。その評価の内容によっては、今後のリニューアルなどの参考にするだけではなく、その場で調整もしなければいけません。この情報をフィードバックしなければ、せっかくのホームページ制作も作るだけで終わってしまうのです。

ホームページ制作のまとめ

ホームページ制作はさまざまな流れで構成されています。すべてこの通りというわけではなく、もっといろいろな条件も関係してくるため、注意しなければいけません。特にサーバーなどの条件はもっと細かに検討する必要もあるでしょう。ホームページ制作のほかにも、ドメインの選定や契約なども必要です。この辺りも要件定義にしっかりと盛り込み、必要なものを選定する必要があるでしょう。

ホームページ制作業者に依頼するときのような流れとなっていますが、自ら作るときもそこまで大きな違いはありません。自分で作る場合も、要件定義が流れがブレれないために重要なポイントです。いったんずれると方向性も見失うため、注意しておきましょう。

覚えておこう!ホームページ制作の基本的な流れ

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP