ホームページを格安で制作する際の注意点について徹底解説!

経営者の中には事業をスタートしたけれど、なかなか顧客が増えないと悩まれている方も多いのではないでしょうか。顧客を増やすにはホームページを強化することが有効です。もしも、貴社のホームページが不十分であるのなら、ホームページを強化されることをオススメします。今回は、企業がホームページを持つことの大切さや格安ホームページ会社を選ぶ際のポイントについてまとめました。

■格安ホームページ制作会社とは

インターネットには様々な、ホームページ制作会社が存在します。その中でも、10万円以下の安い価格でホームページ制作を行う会社が格安ホームページ制作会社です。

企業が自社のホームページを持つ事はもはや必須になっています。企業の運営に必要な経営資源としては、店舗やスタッフ、の他、製品やサービスなどがありますよね。現代では、ホームページも経営資源の一部となりつつあります。そのため、経営者の中にはホームページの開設を検討されている方も多いです。経営者がホームページ制作する際に気になる存在が格安ホームページ制作会社になるのではないでしょうか。ホームページを安く作れるなら経費もかからず助かりますが、品質の点で懸念が残ることもありますよね。格安ホームページ制作会社を利用する場合、利点や懸念点を正確に把握することが大切です。

■格安ホームページ制作会社を選んで後悔!

様々な情報をネット検索により収集する現代では、ホームページは顧客が企業について理解を深めるための最初の接点になる場合が多いです。そのため、ホームページのクオリティ次第で自社に対するイメージも変わってしまう場合もあります。デザイン性が高い高品質なクオリティのホームページであれば、顧客は安心するでしょう。一方、低品質のホームページであれば、顧客が不安を抱く場合もあるかもしれません。

経営者であれば自社のホームページはデザイン性が高い高品質のホームページにしたいと考えるもの。一方でデザイン性が高い高品質のホームページを作るにはコストがかかります。

そうした際に、経営者の中には格安ホームページ制作会社にて高品質のホームページを作れないか検討されることもあるでしょう。格安で高品質のホームページを制作できるのであれば魅力ですよね。しかし、格安という言葉にひかれて制作依頼をしたところ、全然ダメだったということも多いのです。

ところで、ホームページは高品質であることはもちろんですが、同時に定期的に運用していく必要もあります。ホームページ制作を行う前に、そもそもホームページを持つという事の意味について理解しなければ様々な問題が発生する可能性があります。問題が発生することを事前に避けるためにも、まずはホームページを持つ意味を把握しておくことが大切です。

■ホームページは資産という考え持つ

企業にとってホームページは大切な資産になります。ホームページの製作を行うことで、会社の認知を高めることができます。小規模の会社にとって、そもそもの認知が不足していることが多く、自社の認知度向上は課題です。

また、ホームページは、集客の課題解決にも貢献します。スマートフォンの登場により、情報収集がスマートフォンをメインに行われるようになりました。従って、スマートフォンに適したホームページを運用することができれば、ホームページからの集客を強化することが可能になります。優秀な営業マンがいたとしても、営業マンが働ける時間には限りがあります。しかし、ホームページは上手に運用することで、自動集客システムとして活用することも可能です。

それから、ホームページを通じて、自社の事業が目指す事や事業内容を発信し、自社のブランディングを行う事も可能です。

但し、上記のようにホームページを資産化するには、単に高品質のホームページを制作するだけではなく、運用・メンテナンスを行うことが必要になります。

■ホームページを資産化するために取り組むべきこと

ホームページは資産です。そうであるならば、ホームページを資産化するための運用が必要です。ホームページ資産化するために大切となるポイントをまとめました。

資産化には定期的なメンテナンスが必要

ホームページを制作した場合、制作が完了した時点で終わりではありません。むしろ、そこからの運用が重要な意味を持ちます。

例えば、飲食店のホームページであれば、季節メニューの紹介や、店内の写真の掲載、安心・安全な食材の獲得への取り組みなど、定期的に更新することが大切です。実際、ホームページが定期的に更新をされていることで、利用者としては気になる企業のホームページをコマメにチェックしたいという気持ちが生まれます。従って、定期的な更新・メンテナンスを行う事が大切になります。

SEO施策を行う

ホームページを資産化するにはSEO(検索エンジン最適化)施策に力を入れることも必要です。SEO施策とは、特定のキーワードで検索を行う際に、検索結果の上位表示されるように取り組む施策になります。多くの人々が利用している検索エンジンのgoogleでは読者にとって有用な情報を提供しているサイトを評価し、検索時に上位表示するようにしています。尚、googleが評価するWEBサイトの条件をgoogleが公開しているので、参考にされてみて下さい。(参照:https://support.google.com/webmasters/answer/35769  「google『ウェブマスター向けガイドライン』」 )  

SEO施策に取り組むことで、ホームページへのアクセスが増え集客が効率的に行えるようになります。そのため、ホームページの資産化にはSEO施策を行うことも有効です。

コンセプトの明確化と利用しやすさの追求

ホームページを資産化するには、コンセプトを明確にすることも大切です。日常生活の中で閲覧する企業のホームページの中には、非常に見にくいホームページもありますよね。そうしたサイトの特徴として、何を伝えたいのかコンセプトが明確でない場合もあります。最低限、自社はどのような理念の元、どのようなサービスを提供しているのかを読者に分かりやすく届けるホームページにしなければなりません。

また、自社のイメージに合ったデザインを採用すること、操作のしやすい問い合わせホームを設定することも大切です。

■格安ホームページ制作会社でも信頼できる会社がある

格安ホームページ制作会社であったとしても、中には優れたホームページを制作している会社が存在します。信頼できる格安ホームページ制作会社を見分けるポイントをまとめました。

更新・メンテナンスを重視しているか

格安ホームページの会社を選ぶ際に重視すべき点は、更新・メンテナンスを重視している会社であるかということです。繰り返しになりますが、ホームページは資産になります。ホームページを資産化するには定期的な保守管理が必要です。更新・メンテナンスを行っているホームページ制作会社は月々定額のサブスク型サービスを提供していることが特徴です。自社ホームページを資産化する必要からも、更新・メンテナンスを重視している格安ホームページ制作会社を選ぶことが大切です。

丁寧なコミュニケーションを心掛けているか

格安ホームページ制作会社は制作に関するやり取りをメールやZoom等のオンラインツールのみで行う場合が多いです。オンラインで不安に感じるかもしれませんが、IT系の企業では大手企業でも、やり取りを全てオンラインで行う事もありますので、格安ホームページ制作会社に限ってのことではありません。オンラインであっても、制作の依頼内容を細かくヒアリングし、コミュニケーションを重ね、認識の齟齬を防ぐべく、すり合わせを行う企業は安心できます。格安ホームページ制作会社でも丁寧なコミュニケーションを行う企業は安心です。コミュニケーションを重視する企業であるか確認をすることが大切になります。

■まとめ

中小企業にとってホームページを持つことは、ブランディングや集客を強化できるメリットがあります。単に安く作る事だけをメインにするだけでなく、ホームページを資産化する視点を持つことが大切です。格安でクオリティが高く、メンテナンスも重視している格安ホームページ制作会社も存在します。様々な要件を考慮した上で、格安でホームページを制作する際の参考になれば幸いです。

ホームページを格安で制作する際の注意点について徹底解説!

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP