もしかして失敗!?ホームページ制作でよくある失敗例を解説!

ホームページ制作を検討されている方の中には、知り合いがホームページ制作を制作会社に依頼して失敗したケースを目にされた場合もあるでしょう。ホームページ制作が失敗するケースとして様々です。しかし、失敗のケースはいくつかのタイプに分類することが可能です。今回はホームページ制作のよくある失敗例としてまとめました。

■ホームページの制作が失敗してしまったかも!?

 会社の事業が軌道に乗り、ホームページを開設した経営者のケースです。ホームページ制作を外部の会社に依頼して、無事に完成。Webデザインに優れた高品質なホームページが完成しました。『よし!これでホームページからのお問い合わせがバンバン増えるはずだ!』と期待していたところ、思うようにお問い合わせが増えません。疑問に感じていたところ、たまたま、同じ時期にホームページを開設した知り合いの経営者と話す機会がありました。すると、その経営者の会社はホームページ開設後、ホームページからのお問い合わせが増えているとのこと。『これはおかしい』と感じ、ホームページ制作会社に状況の改善の連絡を入れたところ「弊社はホームページの開設までが業務であり、納品後の更新やメンテナンスは行っておりません。」という回答が返ってきました。その時に、思うはずです。『ホームページ制作に、もしかすると失敗してしまったのでは…』と。このような、ケースは意外と発生しやすいものです。

■ホームページ制作のよくある失敗例

ホームページの制作でよくある失敗例を知っておくことは、これから制作を検討している方にとっては転ばぬ先の杖として大切になります。よくある失敗例を下記にまとめました。

どのようなホームページを作るかコンセプトが明確でなかった

ホームページ制作を行う際に、失敗してしまう理由としてはコンセプトが明確でない場合になります。コンセプトは業者との打ち合わせの中で明確になりますが、どのようなホームページにしたいのかコンセプトを依頼する前に固めておくことが大切です。コンセプトが明確になっていない場合、制作を依頼された会社もどのような製品を作成するべきなのか把握が難しくなります。ぼんやりとしたイメージで仕事を進める事になり、完成した製品もイマイチな製品となる場合が多いのです。そのため、コンセプトを明確にすることが大切になります。

ターゲットの選定を行っていない

失敗する事例としては、ターゲットの選定を具体的にしていない場合も当てはまります。例えば、育児に取り組む男性向けの料理教室を運営している会社がホームページを作成する場合を取り上げてみます。この会社が、ターゲットの選定を明確にしなかったらどのような事態が発生するでしょうか。考えられることしては、一般的な料理教室のホームページが作成される場合があります。そうなると、本来のターゲットである育児に取り組む男性に刺さらない可能性が高くなります。そのため、自社のサービスや製品を届けたいターゲットの選定を明確にすることが大切です。

自社でホームページを制作した

自社でホームページを制作した場合も失敗することが多いです。書店にはホームページの作り方やホームページの運用について、解説している書籍がありますよね。その本を読むと図解でホームページ制作の手順を分かりやすく解説しています。確かに、書籍を利用することで自分たちでも簡単なホームページを作成することはできます。そのため、経営者の中には、自社の社員でホームページ制作を行ってしまう場合もあるのです。

しかし、この場合、スタッフが通常業務の他に空いた時間で取り組むケースが多く、完成までに時間がかかってしまいます。また、完成したとしてもいざ運用しようとした際に、運用が上手くいかない場合もあるでしょう。さらに、制作を担当したスタッフが退職した場合に、他のスタッフでは運用ができず、そのまま放置される場合もあります。結局、専門の会社に依頼した方がよかったという結論になるのです。このように知識がないにもかかわらず、自社で制作した場合、失敗することがあります。

安さを重視してしまった

ホームページ制作で失敗する場合、安さを重視して格安のホームページ制作会社に依頼してしまった場合も該当します。ホームページ制作にかける経費はできるだけ下げたいという考えから格安ホームページ制作会社に依頼する方もいらっしゃるでしょう。格安ホームページ制作会社の問題点として、制作は格安で行うが、その後のアフターフォローは行わない会社が存在することになります。ホームページは開設することがメインではなく、開設した後の運用が成功のポイントです。そのため、ホームページ制作の安さを重視してしまった結果、失敗することもあります。

知人友人に依頼を行った

 失敗するケースとしては、知人友人に依頼をしてしまった場合も当てはまります。皆様の友人知人の中にも数人はホームページ制作に詳しい人がいるはずです。そうした人に、ホームページ制作の依頼をすることもあるでしょう。この場合の問題点としては、出来上がった成果物のクオリティーが低いものであったとしても、友人知人のため、クレームを言いにくいことになります。また、更新・メンテナンスする必要が発生した際に、友人知人は本業の片手間で行っている場合が多く対応が遅れがちです。さらに、友人・知人と疎遠になり、最悪の場合ホームページの更新がストップしてしまうこともあるでしょう。このように、知人友人に依頼を行う場合も失敗することが多いです。

サポートがない会社に依頼してしまった

ホームページ制作に失敗してしまう理由としては、サポートがない会社に依頼してしまった場合が当てはまります。ホームページは会社の資産としての役割も持ちます。そのため、定期的なメンテナンスが不可欠です。ネットの世界では技術の進歩は日々行われています。しかし、ホームページに不具合が発生した際に状況によっては素人では解決ができない場合もあります。そのため、制作を行った会社のサポートが必要になりますが、サポートがない会社に依頼してしまった場合、対応に苦慮することが多いのです。このように、サポートがない会社に依頼してしまい、失敗することもあります。

業者とのコミュニケーションが不足していた

 

ホームページ制作で失敗する理由として業者とのコミュニケーションが不足している場合も該当します。この場合、業者がコミュニケーションを取らない場合と依頼を行う側から適切なコミュニケーションを行わない場合の2つが考えられます。ホームページ制作会社では制作に関するやり取りをオンラインで行う事も多く、コミュニケーションが粗雑な業者が存在する事は否定できません。そのため、コミュニケーションが不足しがちになります。また、後者の場合を避けるためにも依頼を行う際のリスクやスケジュールを考慮し、自分たちの意向を正確に伝えるべく適切なコミュニケーションを行う必要があります。この作業を適当に行ってしまい製作に失敗することもあります。

マーケティングスキルの低い会社に依頼してしまった

ホームページを依頼し、デザイン性の優れたホームページが完成。運用もサポートしてもらえる制作会社であったにもかかわらず、ホームページ経由での集客が伸びない場合もあります。その理由として、制作会社がマーケティングに関するスキルを持っていない場合があるためです。例えば、本来なら取り入れられているはずのSEO施策が施されていないこともあるでしょう。せっかくいいホームページが出来ても、集客に弱いホームページであれば、宝の持ち腐れです。そうした事態を避けるためにも、マーケティングに関するスキルを有する制作会社に依頼することが大切です。

■まとめ

 ホームページを開設するからには、高品質の魅力的なホームページを作りたいですよね。そのためには、どのようなポイントに注意すれば失敗しないのかを把握しておく必要があります。優れたホームページは自社のブランディングや集客に大いに貢献するでしょう。本記事がホームページ制作の失敗を防ぐ参考になれば幸いです。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP