サイト構築の際はgoogleのアルゴリズムを確認しよう

店舗のWeb宣伝などの目的でホームページなどのサイト構築を検討している人もいるでしょう。ホームページを作成してお店のサービスを紹介するなら、多くの人に内容が伝わるので集客アップを期待することができます。

ただ、ホームページやサイトで効果的に宣伝したいなら、Googleのアルゴリズムを確認しておくことも大事です。「Googleのアルゴリズムとは?」「Googleのアルゴリズムを確認すべきなのはなぜ?」と疑問を感じる人もいるはずなので内容を紹介しましょう。

Googleのアルゴリズムとは何?

Googleのアルゴリズムについて理解しておくことは大事です。まず、アルゴリズムとはプログラミングにおいて使用される言葉であり、コンピューターで計算を行う計算方法のことです。計算により、問題を解いたり何かの作業するとき手順に基づいて動いたりすることができます。

このアルゴリズムはIT関連のものに利用されており、Googleもその中の1つです。検索基準を決めるための手順やルールを作っており、検索結果を表示させる仕組みとして組み立てられています。

Web上にある何十万もの検索をランキング付けして表示するため、Googleで用いられているアルゴリズムはかなり複雑な基準を基に順位の決定しています。

つまり、Webで集客する際にホームページやサイトをGoogleのアルゴリズムに沿って作成するなら、検索順位の上位表示を期待することが可能です。Googleのアルゴリズムもアップデートしているので、逐一確認しておく必要もあるでしょう。

Googleのアルゴリズムの仕組みとは?

Googleのアルゴリズムは基本的に内容を公開していません。そのため、どのような基準でランキング順位を決定しているのか明確な理由を知ることは不可能です。しかし、アルゴリズムの基準はSEOのガイドに沿っているなら、上位の順位に表示されやすいと言われています。

SEOの基準は

・タイトルの設定
・見出しの設定
・サイトの階層
・ナビゲーション
・URL
・コンテンツの内容
・リンクのはめ込み
・画像や動画の利用
・モバイルフレンドリー

などを満たしていることです。

SEOの基準に沿っていることで、実際にGoogle検索の上位表示されているサイトも多いです。SEOとGoogleのアルゴリズムが同じ基準であると断定することはできませんが、参考としてサイトづくりを行うと上位表示されやすくなるでしょう。

Googleのアルゴリズムで代表的なアップデートとは?

Googleのアルゴリズムハ定期的にアップデートをしています。アップデートの目的はユーザーに必要な情報を提供することです。アップデートの内容によっては検索順位が大きく下がってしまうこともあるため、無視できません。どのようなアップデートがあったのか代表的なものを紹介しましょう。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートとはブラックブラックなサイトの検索順位を下げ、ホワイトなサイトの検索順位を上げることを目的としています。2012年に行われたアップデートですが、それ以前は被リンクの数が多いほど上位表示しやすいアルゴリズムにGoogleが設定していました。

しかし、被リンクの数を増やしただけのユーザーに全く意味のないサイトが増えてしまい、上位表示されているサイトの価値が下がってしまう傾向となっていました。そのため、Googleは被リンクの数が多く内容のないサイトを取り締まるためアップデートを繰り返し「手動による対策と見られたサイトは全て検索エンジンから弾くようにしました。

それ以後同じようなスパム行為をしたサイトは順位が回復しないという重いペナルティーを受けるようになっています。

ハミングバードアップデート

ハミングバードアップデートは、検索キーワードの意図や検索する背景、文脈を理解して関連性のある検索結果を表示するようにアップデートしました。アップデートより前はGoogle検索キーワードを単語の羅列と認識しており、単語が含まれているサイトやページがあれば、関連したものを上位表示する傾向となっていました。

しかし、単語が羅列しているだけで、実際のサイトやページは内容が無いものも多く存在していたので、意味のある文章のみが検索上位に優先表示されるようて最適化に成功。このアップデートにより、ユーザーの検索意図を反映したサイトを閲覧できるようになり、アルゴリズムの満足度を向上させることができました。

インタースティシャルアップデート

インタースティシャルアップデートはアクセスした際に、画面を覆いつくすような広告が表示されたページに対して検索順位を下げるためのアップデートです。インタースティシャル広告と言われるものはサイトのページのコンテンツを隠してしまい、広告しか閲覧することができず、ユーザーにとっては邪魔で不快を感じます。

広告収入を得ようとアフィリエイトなどで利用されていることが多く、サイトの内容よりも広告がメインになってしまうので、ユーザーはフラストレーションが溜まります。そのため、Googleは広告メインのサイトは上位表示されないようにアップデートを行い、より最適化されたサイトのみが上位表示されるようにしました。

上位表示を目指す!アルゴリズムのアップデート対策とは?

Googleはアルゴリズムのアップデートを繰り返しているため、今後も行われることが予想できます。ただ、アルゴリズムのアップデートはサイトの最適化が目的なので、ポイントを理解しておけば上位表示を継続することは可能です。どのようなポイントがあるのか内容を紹介しましょう。

検索意図を把握する作業

良質なコンテンツを作成したなら、アルゴリズムアップデートがあっても順位を落とさずに済みます。そのために、検索意図をしっかり把握することが大事です。検索意図は検索ユーザーがどのような意図を持って検索しているのか理由を考えるなら理解することができます。

ユーザーによって検索意図はいろいろあり、例えば、特徴や方法など上記ノウハウ、口コミや評判などの意見、イベントなどの情報などです。キーワード選定をするときに検索意図をツールを利用して確認するのも1つの方法です。キーワードが検索意図に合った内容となれば、Googleのアルゴリズムでは上位表示が継続されやすくなるでしょう。

競合サイトとの比較

良いコンテンツ作成には、競合サイトの比較を行うことも大事です。公開したコンテンツが上位表示されていない場合は競合サイトと自分のサイトを比較することで内容の違いを確認できるからです。

上位表示されているサイトは内容が充実しており,サイトとして工夫されているところもあります。自分のサイトとには足りないポイントを知ることができ、さらに最適化するための改善点を理解することが可能です。

必要な情報と分析

良いコンテンツ作成をするためには分析を行うことも大事です。Googleのアルゴリズムは定期的にアップデートされるため、自分のサイトに何か悪い部分があれば大きく順位を下げてしまうこともあります。

大きく順位が下がった際は自分のサイトに何か問題がある可能性が高いです。情報が足りない場合や関連性が低いコンテンツ内容を含めていると上位表示のマイナス要素になるため、コンテンツで悪いところがないか定期的に確認して改善することを覚えておきましょう。

アルゴリズムを理解して上位表示を目指そう

Googleのアルゴリズムは定期的にアップデートしており、内容のあるサイトを上位表示させようとしています。自分のサイトも上位表示させるためには良いコンテンツ作りを行う必要があるため、サイトの最適化を行うようにしましょう。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP