Googleサジェストとは?表示される仕組みを理解して上手に活用しよう!

Googleサジェストとは、何かキーワードを検索した時に関連の高いキーワードが同時に表示される仕組みを指します。

このGoogleサジェストの仕組みを理解することで、サイトや記事にGoogleサブジェクトを取り入れることで、より表示される検索順位を上げることにも期待ができます。

今回はGoogleサジェストが表示される仕組みなどについてご紹介していきます。

Googleサジェストとは

Googleサジェストとは、ユーザーがGoogleの検索エンジンに入力したキーワードと一緒に表示される検索候補のキーワードを指します。

Googleは最後まで入力しなくっても、ユーザーが検索するであろうキーワードや、よく検索されているキーワードなどが予測変換として表示される機能です。

Googleサジェストは検索するユーザーにとっても便利な機能ですが、SEO対策をしたい人にとっても、ユーザーの検索意図などを確認することができるため、Googleサジェストを上手くサイトや記事に取り入れることで、ユーザーにとって満足度が高いコンテンツを作成することができるようになります。

Googleサジェストの基準や仕組み

Googleサジェストに表示されるキーワードは基本的に以下の基準によって決まります。

  • 検索された数
  • トレンド
  • キーワードが含まれているサイト数
  • ユーザーの検索履歴
  • 検索ボリューム

Googleサジェストに表示されるワードは蓄積されたデータを元に選出され、検索する人によっても選出されるキーワードが異なる場合もあります。

これは、Googleが独自に個人にあった情報をより正確に得られるようにするために用いられている仕組みです。

検索されたキーワード

Googleでは、検索されたキーワードを元に実際に自分以外がよく検索しているキーワードなどを確認することができます。

例えば、「お金」というキーワードで検索をかけると、このように表示されます。

お金と検索する人が実際に検索されたと思われるキーワードが並んでおり、サブジェクトを確認することで、ユーザーが興味のある分野を確認することができます。

例えば、「お金 イラスト」で検索している人の多くは、近々日本の紙幣のデザインが変わり、そのデザインやイラストが気になる人が多いということがわかります。

そのため、アフィリエイトや個人ブログなどを運営している人であれば、新しい紙幣のイラストに特化した記事を投稿すれば、受容にあった記事となるため、アクセス数に期待ができます。

Googleサジェストでできること

Googleサジェストでは、基本的に以下のようなことができます。

  • キーワードで検索意図を分析できる
  • リライト作業に役に立つ
  • 新規コンテンツに活用できる

それぞれ、ご紹介していきます。

キーワードで検索意図を分析できる

Googleサジェストのキーワードは検索される頻度の高いキーワードが候補として表示されるため、ユーザーの検索意図となるキーワードが含まれている可能性が高いです。

そのキーワードを含めたコンテンツを作成することができれば、新しい新規の導入が見込める可能性が高いです。

リライト作業に役に立つ

Googleサジェストはリライト作業に役に立ちます。

検索するユーザーのニーズは時間や時代と比べて変化していくものです。

そのため、サイトや記事を作成した後に長い間放置すると、需要がなくなく可能性があるため、定期的にリライト作業をすることが必要です。

定期的にGoogleサジェストで表示されるキーワードを元にリライト作業をすることで、常にユーザーの検索意図にあったサイトや記事を作成することができます。

新規コンテンツに活用できる

新規コンテンツを作成する際はサジェストキーワードの数だけコンテンツを作成することができ、新規コンテンツの方向性などもすぐに確認することができます。

メインとなるキーワードから派生した記事を投稿することで、アクセス数を増やすことも可能になります。

Googleサジェストの悪い影響

サジェストキーワードは基本的にユーザーにとってもSEO記事を作成する側にとってもメリットしかありませんが、Googleサジェストには悪い影響を与えるキーワードの候補が表示されてしまう可能性もあります。

ネガティブなワードがサジェストに表示されてしまうことを「サジェスト汚染」と言います。

サジェスト汚染は事実でもないようなキーワードでも、ユーザーの検索数が多くあるためにGoogleが需要のあるキーワードとして表示されてしまうキーワードです。

そのため、サジェスト汚染による事実確認が取れないようなキーワードを元に記事を作成をしてしまうと、場合によっては個人としての不利益となり、トラブルが発生してしまうこともあります。

例えば、芸能人の記事を作成する際、「〇〇 結婚詐欺」などとその人を下げるようなキーワードが表示されることもあります。

その人が結婚詐欺をしているかどうかは当人にしかわからず、噂で広まってしまった「結婚詐欺」というワードを元に、「〇〇は結婚詐欺をしていることがわかった!」などを根拠もないような記事を作成してしまうと、トラブルが起きる可能性があるため、注意が必要です。

サジェストを活かしてユーザーの検索意図に合ったコンテンツを作成する

これからサイトや記事などを作成する人は、サジェストを活かしてユーザーの検索意図に合ったコンテンツを作成することで、より検索順位を上げることにも期待ができます。

これを元にキーワード選定を行ったり、専門性を高めることで満足度が高くなり、役に立つ記事が出来上がります。

しかし、全てのサジェストを取り入れればよいというわけではなく、サジェストごとの検索ニーズを調査したうえで、その中でも専門性の高いコンテンツを作成することが大切です。

まずは、サジェストに表示されている一つのワードを中心に調査してコンテンツを作成して、コンテンツの作成に慣れて行くことが重要となります。

ホームページの制作なら「BARIYOKA」がおすすめ!

当サイトを運営している「BARIYOKA」はサブスク型のホームページ作成・更新サービスを提供しています。BARIYOKAでは保守管理費用の5,280円(税込)/月のみでホームページの作成から更新までをお任せいただけます。初期費用をかけずにハイクオリティーなホームページを持てるとお喜びの声をいただいております。

ホームページの新規制作、リニューアルを検討されている方の中には個人事業主、経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ホームページの作成、集客などを全て丸投げすることで、やらなければいけない業務に集中して取り組むことが可能です。皆様からのお問い合わせをお待ちしており

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP