ECサイトで売れる方法!?対策はこれ

ECサイトで重要なことは、売上げを上げて利益を生み出すことです。そのためにさまざまな方法がとられてきました。

ECサイトも多くの情報が集積し、売れる方法のポイントも分かってきています。店舗での販売とは違った部分もあるため苦労している人も多い中、インターネットだからこその理由や方法も理解するのが大切です。

ECサイトで売れない理由

ECサイトで売れる方法の前に、なぜ売れないのかを考えてみる必要があります。そこから道が見えてくるからです。代表的な理由は主に3点あります。

・人が集まらない

・商品に興味を持ってもらえない

・競争に負けている

まずは3つのポイントを見ていきましょう。

人が集まらない

もっとも単純な理由ですが、人がいなければ売れません。逆にいえば、人が集まれば商品が売れるチャンスが出てきます。これはECサイトでも同じで、ひとを集めなければ何も始まりません。

商品に興味を持ってもらえない

どんなに人が集まっても、商品に興味がなければ売れません。顧客に興味を持ってもらうことは魅力的な商品を集めるだけではなく、まずはどのような商品なのかクリックしてもらう必要があります。

競争に負けている

自分のECサイトの商品が、とあるサイトでもっと安く販売されている情報を得たら、そこに人が流れます。単純な理論ですが、同じ商品で同じ内容、同じ着荷日など条件が変わらないなら、値段が安い方が魅力的です。誰も同じものを高い値段を出しては買いません。値段以外にも競争はありますが、負けたら興味も失われて売れません。

ECサイトで売れる方法とは

売れない理由を分析し、売れる方法につなげていくことが大切です。原因に合わせた施術がありますが、基本的なところから見ていきましょう。

集客力をアップする

人が集まれば、ECサイトで売れます。正確には売れるチャンスが生まれるわけですが、そもそもチャンスがなければ、どんなに魅力的でも売れません。これが基本です。

ECサイトに人を集める方法はいくつかの方法に分かれますが、どれならばいいというより、すべて注意し改善していくのが大切です。

・SEOを意識する

SEOとは検索エンジン最適化という意味があります。ECサイトには、どのような経路で訪れるでしょうか。実店舗の場合には、どこかで見たり聞いたり、たまたま通りかかって見つけて訪れてくれるはずです。きっかけはいろいろありますが、インターネット上では検索してもらうことが重要になります。

検索するときに使っているのが、Googleなどの検索エンジンです。ここにキーワードを入れて検索しますが、検索したときになかなか見つからなかったらどうでしょうか。そのECサイトにはいきつきません。

世の中には星の数ほどのECサイトが存在する中、検索エンジンでできる限り早い段階で登場することが大切です。これがSEOのポイントです。

SEOにはいろいろな手法があります。外部に検索してもらいたいキーワードを意識したブログなどを作り、周りから盛り上げる方法がよく使われてきました。もちろん、ECサイトのなかにも検索してもらう仕組みを構築します。

SEOはとても時間がかかり、速攻性があるわけではありません。プロがおこなっても3か月は掛かります。さらにかなり長い時間をかけても、絶対に効果がでるとは限りません。それでも何もしていなければ、星のようにあるECサイトの競争に負けるため、時間をかけてじっくりと取り組んでいく必要があります。ただし、検索順位が上がっても、直接売り上げにつながるわけではないので、売れる仕組みも作る必要があります。

・広告での集客

インターネットの世界には、さまざまな広告があふれています。動画サイトで知られるYouTubeを見ても、かなりの広告が流れるでしょう。この広告に興味を持った人が訪れると、非常に高い確率で購入してもらえます。なぜならば、広告に対し興味を持ったからこそクリックし訪れるからです。クリックしたのは、購入したいという意思がどこかに存在しています。これが重要なポイントです。

広告は費用が掛かります。どのような形をとるかで違いますが、費用対効果を正確に測り、対策しないといけません。なんでもいいからといって広告を打っても、効率的とは限らないのです。

商品やサービスの種類によっては、価値を下げる結果につながるケースもあります。どのような広告がいいのか、どこに乗せるかでも大きく変わってくるため、相当な研究と準備が必要です。

・SNSなどの口コミ

広告での集客に近い部分もありますが、SNSを使って口コミで広がるのは、非常に有効な方法です。SNSの拡散力は一般的な広告の比ではありません。一気に拡散していく結果となるため、SNSは有効に活用すべきです。

問題はSNSで拡散できるだけの規模があるかでしょう。フォロワーなどがほとんどいない状態では、拡散は期待できません。そんなときには、SNS広告を利用する方法もあります。ただし、SNS広告は諸刃の剣で、悪評も一気に拡散させる起爆剤になるケースがありますので注意しましょう。

商品に興味を持ってもらう

商品に興味を持ってもらう方法はいくつもありますが、ページを整理して分かりやすくするのは基本中の基本です。ECサイトには必ずコンセプトがありますが、これに沿った商品展開しつつ、整理整頓されて分かりやすいことが興味につながります。

商品の写真や説明も大切です。商品を知っている人なら、価格などの価値などで判断します。ところが、情報がそこまでない人は、その場で細かく調べ比較して購入を決定するからです。このときに興味を失い離脱されたら売れません。言葉だけではなく、商品の細かなスペック情報も比較対象となるので注意が必要です。大きさを分かりやすくするために、すぐにわかるものと並べるのもいいでしょう。

まずは自分でECサイトを訪れて、買ってみることからスタートです。必要な情報はそろったか、買いやすかったか、どこかで興味を失わなかったか、購入者目線で見直すと、問題も見えてきます。

競争力をつける

ECサイトで売れる方法として、競争に勝たなければいけません。例えば競合しているECサイトの金額を調べてみると、完全に負けているケースがあります。売価はとても重要な要素で、競争の基本です。同じだけ人が訪れているなら、安い方が売れる方法になるのは間違いありません。

競争力は売価を下げるだけではありません。商品を購入することがもっと魅力的に見せられるなら、売価が高くても売れます。いろいろな条件がありますが、安心感もECサイトの重要要件です。

着荷日をみたとき、海外から発送されて時間がかかるのと、国内で明日到着ですとなっていたらどちらがいいでしょうか。少々売価が高くても、明日到着を選ぶのがECサイトです。顧客はすぐにでも手元に届くことを優先します。物流の仕組みなども変えなければいけませんが、すぐに届くことは強い競争力を発揮するでしょう。

着荷日にはもうひとつ競争力の条件が隠れています。それがECサイトで欠かせない安心感です。早く到着してくれたら、気にいらず返品するとしても素早くできるでしょう。これが海外からの着荷では安心できません。いつ到着するかわからない以上、返品も容易ではないと思うからです。

ECサイトで売れる方法は原因の追究から

(出典:photo AC)

なぜECサイトで売れないのか、売れる方法は売れない理由から見つけていかなければいけません。人が来ていないのか、それとも離脱されてしまうのか、競争に負けているのか。この情報によってとる対策が変わってきます。

SEOを代表とする方法は時間がかかります。準備もかなり費用が掛かるケースも想定しなければいけません。競争力を付けるとしても、かなりの範囲になる可能性も出てきます。すべていっぺんにできる事ではないため、準備をしっかりして臨んでいかなければいけません。準備こそがECサイトで売れる方法でもっとも重要なポイントです。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP