お洒落でクールな作りへ!ホームページ制作でのポイント

ホームページ制作 お洒落

お洒落とは身なりを飾り、洗練されたものにすることです。服装のことを中心にお洒落と呼びますが、ホームページ制作でもお洒落という言葉に重要な意味があります。この場合には、服装とは少し違った意味を持つものの、かなり近いイメージを持つと考えれば間違いありません。

実際にホームページ制作をするにあたって、お洒落に仕上げるポイントを考えてみましょう。きっと、他とは違ったホームページ制作につながります。

お洒落とは

基本的にお洒落とは客観的な評価といい換えられます。自分自身をお洒落と呼ぶことは、一般的でないからです。なかには自分がお洒落という人もいますが、それは対外的に同じ評価を得られるとは限りません。

ホームページ制作でも、客観評価という部分が重要です。まずは服飾のお洒落と呼ばれる人はどんな人かを考え、そこからホームページ制作に生かしていきましょう。

お洒落のポイント

お洒落だと呼ばれる人には、いくつかの共通点があります。これがホームページ制作に活かせれば、お洒落なページと呼ばれる可能性が高くなるのです。

・年齢にあっている

・服に着られていない

・しわなどがない

・TPOにあっている

・自分なりのこだわりのカラー

なんとなくイメージがつくはずです。自分自身を輝かせるのがお洒落なのであり、お洒落な服装に着せられているわけではありません。状況に合わせて選択し、しっかりとした身なりの中に自分の個性を色としても出していくのがお洒落となるわけです。

お洒落な服装のポイント

もう少し掘り下げて、お洒落な服装にするためには、なにをしているのかを考えます。

・季節感

・上手に着こなしている人を参考

・頭からつま先までトータルで

・姿勢

季節に合っていなければお洒落とは呼ばれません。上手に着こなしている人を参考にするのが近道で、ファッション雑誌などを見て知識を得るケースも増えていきます。雑誌などで得られる知識は単純に服だけではなく、髪型や靴まで広がるでしょう。その上で、姿勢を見たときに筋の通った美しさがあれば、お洒落につながっていきます。これがホームページ制作にも役立つポイントです。

ホームページ制作のお洒落とは

服飾のお洒落から考えた場合、自分たちを生かしトータル的な作りになっていながらも、季節感なども打ち出し独自のカラーも作り出した状態がホームページ制作のお洒落となるでしょう。単に構成だけではありません。美しさもありながら、気配りもできて初めてお洒落と呼ばれます。この条件からどのような作りにするべきかを考えていきましょう。

シンプルであること

ホームページ制作で気を付けなければいけないのは、なんでもミックスサラダのように盛り込んでしまうことです。ホームページ制作で大事なことは、視覚情報として伝えるという点にあります。複雑なデザインはデザイン性は高いかもしれませんが、視覚情報としては何を伝えたいかわからなくなるのです。

お洒落なデザインと呼ばれるホームページは、ほとんどがシンプルな作りに徹しています。自分たちを生かすという点をはっきりさせ、独自のカラーを打ち出すのはシンプルな構成が一番です。洗練されたイメージを打ち出すのもシンプルな構造なのを忘れないようにしましょう。

装飾をスタイリッシュに

装飾もついごちゃごちゃしがちな部分ですが、できる限りシンプルにまとめ上げることでコンセプトがはっきりとします。お洒落だと感じるホームページを見てもわかるように、メリハリがはっきりとしており、デザインコンセプトが伝わってくるでしょう。このようなデザインにまとめるためには、過度な装飾は避け、シンプルで分かりやすくメリハリをつけるのが大切です。

フォントはデザインに合わせて

ホームページ制作において、文字であるフォント選びは生命線ともいえる要素です。フォント次第でデザインは大きく変わるため、しっかりと選ばなければいけません。最近では、デザイン性だけではなく、誰でも読み込めて分かりやすいユニバーサルフォントを使うケースが増えてきています。フォントの重要ポイントに可読性がありますが、読めないフォントではどんなにスタイリッシュでも意味はないからです。

最近お洒落といわれるようなフォントデザインとしては、少し細長いものが選ばれています。洗練されたイメージが強まるためですが、背景によっては飲まれてしまうため、全体的なデザインを考慮し選ばないといけません。

良質な映像

ホームページ制作において、映像はフォントと同様にパーツとしても重要な役割を持ちます。写真には多くの情報が盛り込まれており、一瞬でイメージを伝えられます。ホームページのデザインの多くはイラストや図形といったもので構成されており、良質な映像と対比させることでイメージを膨らませやすくなるでしょう。

お洒落という言葉は英語にするとcoolにもなります。日本語にすると冷たいイメージがありますが、もっとスタイリッシュでかっこいいという意味でとらえてみると映像の質も見えてきます。メリハリがはっきりしている人工物などもうまく使うと、お洒落でクールな出来栄えに近づいていくでしょう。

ただし、画像を多くするとくどい印象となり、メリハリが失われます。テキストも同様ですが、必要なものを最小限にとどめるのがポイントです。

配色のバランスと情報の整理

お洒落なホームページ制作を考える場合、バランスがすべてを決めるといってもいいでしょう。配色のバランスや情報量など、すべてはバランスでできあがります。空白の使い方も含め、うまく調整していくことがお洒落に仕上げるポイントです。

ホームページ制作と配色

ホームページ制作に慣れてくると、絵面の寂しさからいろいろな色を使いがちです。しかし、あまりにごちゃごちゃした配色にすると、すべてのバランスが崩れていき、なにを主張したいかがわかりません。

配色の基本は、ベースカラー、メインカラー、アクセントの3つです。3色あれば出来上がると考えてもいいでしょう。この3つは占める面積の順番にもなっています。ほとんどの部分はベースカラーで、印象を作り出すのがメインカラー、5%程度のアクセントと考えれば、バランスが見えるはずです。

お洒落にするために最初に決めるのはメインカラーで、次に70%にも及ぶベースカラーを決めていきます。最後にアクセントを使いまとめるのが基本です。

クールな印象にするなら、寒色でまとめてみるのもいいでしょう。青と黒の組み合わせにすると、かなりクールに感じます。逆に黄色など暖色を使うと、活発的で明るい印象を与えます。どちらをお洒落と取るかは、ホームページとしてのコンセプトが重要です。

空白の意味

ホームページ制作を進めると、どうしても多くの情報を詰め込みたくなります。基本は1ページ1テーマです。これを間違うと、お洒落どころか詰め込み過ぎて何かわからないページになりかねません。

その中で空白の意味を考えてみるといいでしょう。お洒落なページは情報が整理されており、まとまっていることに気が付くはずです。そこにはなにも情報のない空白も組み合わされています。

空白というと、ホームページ制作のときに何か詰め込まなければいけないという脅迫観念が浮かんでくる場合があります。しかし、情報量を抑えながら余白を活用すると、すっきりと見やすくなるのです。空白の意味を見直してみると、とてもおしゃれなデザインにつながることも見えてきます。

お洒落なホームページ制作

お洒落にホームページ制作を進めたいなら、情報はしっかりと整理し、いったいどんなことを目指したいか要件も整理しておかなければいけません。なんでも乗せたい前に出したい気持ちは分かりますが、それがお洒落から遠のく要因になるのです。

服飾のお洒落とは何か、これはホームページ制作でも変わりません。同じような要素を持つことに気が付くと、お洒落なホームページにつながります。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP