2022年|HPを作っただけでは意味ない?これからは何が必要か

時代の変化が速い2022年、多くの情報が目に入ります。

「今からHPを作っても意味があるだろうか」と悩んだり、「どんなマーケティング手法が自社にとって適切なのだろう」と考えたりするでしょう。

適切な手法を選ぶには、マーケティングの種類や特徴を理解することが重要です。今回は、主にコンテンツマーケティングについて、その背景や利点と欠点が分かるように紹介しました。

Webマーケティングの変化

マーケティングをする

Webマーケティングは年々変化していきます。

コンテンツマーケティングとは

Webマーケティングの変化を紹介する前に、コンテンツマーケティングの意味を説明する必要があります。コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値がある情報を提供して見込み客へと教育して、購買に繋げるためのマーケティングです。

今までは企業の意思がメインとなって情報発信をしていました。しかし、あくまでも主役はユーザーだと考えて、知りたい情報を逆算して発信します。

時代が変化した背景

Webマーケティングでは、コンテンツマーケティングが重視される時代になりました。インターネット社会である2022年、私たちが得られる情報が増加しています。

インターネット社会より以前は、コンテンツを配信するプラットフォームが少なく競合もそれほど強くありませんでした。そのため企業は、自分たちが届けたい情報を発信していたら読んでもらうことが可能でした。

しかし2022年は、多くの企業がインターネットに進出して競合が強くなっています。だれでも情報発信できる時代なので、個人のブログも検索エンジンで上位表示されています。つまり多くの情報の中から、ユーザーに自社のコンテンツを見つけてもらうことが重要です。

ユーザーは有益な情報を求める

ユーザーにとって有益な情報が少ないHPの場合、訪問は増えないでしょう。前提として、多くのユーザーは毎日忙しいので、自分にとって必要がないHPを何ページも見てくれるわけではありません。有名人の場合は例外で、日記のようなHPでも、その人自身の価値があるのでユーザーが訪問してくれます。ユーザーが忙しくても、すぐに目的の情報を探せるHPが理想です。

コンテンツマーケティングの利点と欠点

ブログを書く

ユーザーが知りたい情報を逆算して考えるコンテンツマーケティングには、利点と欠点があるので、カバーしながら運用していくといいでしょう。

コンテンツマーケティングの利点

顧客に対する洞察力や直観を得られる

コンテンツマーケティングを取り入れると、顧客に対する洞察力や直観を得て今後に活用できます。コンテンツマーケティングではペルソナ設定をしてユーザーを深く理解していくからです。

専門性が高いと認知される

専門的な視点からユーザーの不明点を解決していくことによって、専門性が高い会社だと認知されていきます。ユーザーから「特定のジャンルのプロ」と認知されると、信頼を獲得することが可能です。

コンテンツマーケティングの欠点

・コンテンツの育成に時間がかかる

コンテンツマーケティングには即効性がないので、コンテンツの育成に時間がかかります。1ヵ月や2ヵ月の話ではなく半年や一年かかるので、育成の途中で「方向性が間違っていないか」と不安になる人も多いです。

方向性を疑った結果、育成の途中で別のノウハウを取り入れてしまい、ユーザーが求めていない情報を盛り込んだHPになるケースもあります。

短期的な結果を得やすいリスティング広告(検索連動型広告)や、SNSマーケティング(SNSを活用するマーケティング)を取り入れるなどして、この欠点をカバーしてください。

想定外のコストがかかる

コンテンツマーケティングでは、マーケティングに詳しいライターの育成や採用など、想定外の費用がかかります。取引先の意図をすんなりと汲み取ってくれるライターばかりではないので、内容を擦り合わせるために多くの時間を必要とします。

月間に20本の記事を更新することが困難な場合は5本から発注して、企業の負担にならない更新頻度を選択してください。

コンテンツマーケティングを継続させるには

コンテンツ制作

コンテンツマーケティングを継続させるポイントを紹介していきます。

マーケティングツールを有効的に活用する

多くの企業がインターネットに進出している2022年は、それらの企業を相手としたビジネスも充実しています。

  • Keywordmap
  • Googleアナリティクス

・Keywordmapについて

「Keywordmap」は、「検索順位が上がらない」「対策すべきキーワードが分からない」といったWebマーケティングに関する疑問の解消をサポートしてくれるツールです。日本語データが豊富に揃っているので、自社の強みや弱みを可視化して最適な戦略を見つけることができます。

・Googleアナリティクスについて

Googleアナリティクスとは、自社のHPに訪れたユーザーを分析するツールです。ユーザーの流入元や数値をチェックして、「ファーストビューが分かりにくいのでは」「お問い合わせのハードルが高いのでは」と仮説を立てながら分析できます。Cookie(クッキー)という、情報を保存する仕組みを使って私たちの動きを収集しています。

失敗例から注意点を学ぶ

失敗例からあらかじめ注意点を学ぶことで、失敗しないための対策が可能です。

コンテンツマーケティングの失敗例には、自社の事業内容と関係がない情報発信をしてしまうケースがあります。事業内容と関係がない情報は、多くのユーザーが求めているものではありません。

とはいえ、HP制作会社が無料のHP制作ツールを紹介したり、SNSマーケティングにまで切り込みを入れたりするなど、発信方法によってはユーザーのためになる場合があります。

HP制作会社が無料のHP制作ツールを紹することは、両者のメリットやデメリットを掲示すると、ユーザーはどちらが自社にとって最適かを選択することが可能です。SNSマーケティングはHPを連動させると、集客効果が見込めると紹介できます。

このように、一見関係がない情報でも発信方法の工夫によって、集客をして自社のお問い合わせに繋げていくことが可能です。

ユニークな事例から学ぶ

コンテンツマーケティングの失敗例を学んだ後は、ユニークな事例を見ていきましょう。

・動画を使ってアピールする

食品事業に力を入れるA社では、自社のCMに合わせて踊る動画をSNSに拡散することで、多くの人に認知されました。A社の企業理念を紹介する動画は丁寧に制作されていて、およそ8分ほどで概要が分かるようになっています。

定期的な接触を図って見込み客にアピールする

B社は、定期的な接触を図って潜在顧客を見込み客に教育しています。潜在顧客を見込み客に教育すること自体は珍しい手法ではありませんが、注目すべきはB社がマーケティングツールを提供する会社であることです。

マーケティングツールを提供する会社が、オウンドメディアを育てるだけではなく展示会などのイベントに出店して、自社のことを知ってもらう機会を作っています。そして、興味がある顧客にだけセミナーを紹介して、見込み客にアピールするのです。

まとめ

多くの会社や個人が情報を拡散している現在では、ユーザーが求める情報を提供するコンテンツマーケティングが主流となります。

しかし、本来の業務も忙しいので、ひとつのコンテンツに時間をかけられないケースも多いでしょう。HPにコンテンツマーケティングを取り入れたいのなら、HP制作会社に相談することも可能です。

HP制作会社に依頼することで業務の効率化が可能になり、本来の業務を滞らせることなくコンテンツを制作できます。

「ばりよか-BARIYOKA-」は福岡にあるHP制作会社です。コンテンツマーケティングで相談がある場合は、お気軽にご連絡ください。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください!

どんなHPを作ればいいのですか?制作費⽤はいくら?まずは電話で相談にのって欲しいetc…
ホームページをまだ持っていない⽅もリニューアルをお考えの⽅も、お気軽にご相談ください。

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.092-725-5708

(平日9:30〜18:30)

PAGE TOP